浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 浜松町駅のすぐ近くに建設されるタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)の完成予想図です。

 浜松町駅前では「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)が建設中だったり、現在の「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)が高さ約200mの超高層ビルへ建替えが計画されたりと再開発が進んでいますが、ここもその駅前再開発の一つです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 低層部は公益施設や事務所となり、中高層部が約400戸の住宅フロアとなります。この公益施設は港区の施設で600席程度の大ホールや100席程度の小ホールなどで構成される「(仮称)文化芸術ホール」が計画されています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 配置図上のB棟は既に完成している「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)、A-3棟は建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)のことで、A-3棟はバスターミナルとなります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」は「浜松町駅西口地区地区計画(誼篭)」の南西角に位置しており、JR浜松町駅や東京モノレール浜松町駅、都営線の大門駅のすぐ近くです。将来的にはそれぞれの地区はペデストリアンデッキで接続される計画となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2019年12月14日にヘリから撮影した「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。超高層4棟密集して並ぶことになるので南と西側以外は開けた景色のないタワーマンションとなりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2020年2月22日に「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の展望室から見下ろした「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。計画地の中央部分は既に更地になっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2020年2月29日に撮影した「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。既存ビルの解体用足場の設置作業が始まっていました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 解体工期は2020年2月20日〜2021年2月19日で鹿島建設によって解体工事が行われます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 見た感じでは稼働している既存ビルはなさそうだったので、全体を足場で覆って一気に解体するのかもしれません。最後に解体工事のお知らせを載せますが、全12棟をまとめたお知らせとなっていました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 南西角地から撮影。見ての通り大きな通りには面していない場所です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ここから見上げると「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)と建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)が見えます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」側から撮影。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 この隙間から入ってところに上から見たときにあった更地部分があります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。当初予定ではビル本体は2020年1月工事着手、2026年3月の建物竣工予定だったため2月に解体工事着手はほぼスケジュール通りということになりそうです。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:住宅、事務所、公益施設、店舗等
総戸数:約400戸
階数:地上47階、地下3階
高さ:約190m
地区面積:約0.7ha
延床面積:約74,170
工期:2020年1月着工〜2026年3月の竣工予定