世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅前で建設中の超高層オフィスビル「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)です。「旧芝離宮恩賜庭園」から撮影しました。



世界貿易センタービルディング南館

 これは「旧芝離宮恩賜庭園」に入ってすぐの場所から見た様子です。



世界貿易センタービルディング南館

 園内には梅が咲いていたので一緒に撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 場所は変わって周辺を歩きながら撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)の低層棟部分の屋上から撮影。この撮影地は「(仮称)芝浦一丁目計画」として地上45階、高さ232.55mと地上47階、高さ232.55mの巨大なツインタワーへと建て替えられます。



世界貿易センタービルディング南館

 こちらは「東京ガス本社ビル」(地上27階、高さ116m)のデッキ部分から撮影。目の前には東京モノレールが通っています。このモノレールの駅舎も建替えられるはずですが、どういった手順で建て替えを行うんでしょうね。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の展望室から撮影した「世界貿易センタービルディング南館」です。ここの展望室から見える範囲がどんどん狭まっていますが、この展望室がある「世界貿易センタービル」も高さ約200mの超高層ビルへ建替えられるためこの展望室もいずれ閉鎖となります。再開発後の超高層ビルに展望室が設置されるような話は今のところ耳にしていません。



世界貿易センタービルディング南館

 撮影時は塔屋の建設中でした。鉄骨むき出しの姿も好きでしたが次回訪問時にはガラスカーテンウォールの取り付けがほぼ終わっていそうです。



世界貿易センタービルディング南館

 撮影日は古くなって2019年12月28日に東京タワーから見た「世界貿易センタービルディング南館」です。トップデッキに行くエレベーターホールから撮りました。



世界貿易センタービルディング南館

 そしてトップデッキから見た様子です。海抜250m地点ともなると見下ろす高さとなります。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービルディング南館」にズームです。このときの階数は不明ですがまだ塔屋の建設が始まる前です。そのため現在はもう少し高くなっています。



世界貿易センタービルディング南館

 塔屋部分にズームです。タワークレーンの運転席の背後が東京オリンピックで使用される「有明体操競技場」で、左に見切れているのがバレーボールと車椅子バスケットボールの会場となる「有明アリーナ」です。



世界貿易センタービルディング南館

 最後は2020年2月1日に自宅マンションから撮影した「世界貿易センタービルディング南館」です。左にはソフトバンクの本社となる「東京ポートシティ竹芝」(地上40階、高さ208.83m)もほぼ完成したりとここからの景色も随分と変わってきています。

■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)