白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 白金高輪駅からと徒歩3分の位置で建設中の「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。

 東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社が売主で総戸数1247戸(非分譲戸数477戸含む)という巨大な分譲のタワーマンションです。



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 既に分譲中で次は2020年1月中旬から第1期4次の販売開始予定となっています。家族で住むような部屋は基本的には億ションで最上階の45階には5億円超えの部屋もありました。



白金ザ・スカイ 敷地配置図
敷地配置図[出展:公式HP]

 右側の東棟が地上45階、高さ156.10m、左の西棟が地上19階、そして左端には医療施設等となります。

 また、建設地の北側には首都高と古川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われ、水辺のプロムナードとして歩行者専用道路として整備されます。そして敷地南側には狭い路地がありますが同再開発によって拡幅され、その道路沿いには商業施設も入る計画となっています。



白金ザ・スカイ エントランス
完成予想図[出展:公式HP]

 2層吹き抜けとなっているエントランスです。ホテルのような佇まいです。



白金ザ・スカイ スカイラウンジ
完成予想図[出展:公式HP]

 東棟の27階部分には2層吹き抜けのスカイラウンジが設置されます。東京タワーなど東京都心を望むことができます。



白金ザ・スカイ オーナズスイート
完成予想図[出展:公式HP]

 「白金ザ・スカイ」には4つのゲストルームがありますが、これは東棟の27階に設置されるオーナーズスイートです。



白金ザ・スカイ オーナズスイート
完成予想図[出展:公式HP]

 そのオーナーズスイートには部屋の方までガラス張りのビューバスも設置されます。



白金ザ・スカイ 西棟ゲストルーム・ウエスト1
完成予想図[出展:公式HP]

 こちらは西棟の19階に設置されるゲストルーム・ウエスト1です。



白金ザ・スカイ 西棟スカイテラス
完成予想図[出展:公式HP]

 西棟の屋上にはこのようなスカイテラスも設置されます。



白金ザ・スカイ パーティールーム
完成予想図[出展:公式HP]

 西棟の19階にはルーフテラスを備えたパーティルームも設置されます。



白金ザ・スカイ ルーフテラス
完成予想図[出展:公式HP]

 こういったところにお呼ばれしてみたいものです。



白金ザ・スカイ

 2019年11月30日にヘリから撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。首都高沿いの横長の敷地となっています。



白金ザ・スカイ

 左は「白金アエルシティ」で「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)の2棟の超高層が建っていまです。白金と言えばこの2棟がランドマーク的存在でしたが、今後はこの「白金ザ・スカイ」も含めて複数のタワーマンションが建設されるので、どれがランドマークというのはなくなり白金と言えばタワーマンション群となりそうです。

 最寄り駅となる「白金高輪」駅はこの写真左下の道路の地下あたりにあります。



白金ザ・スカイ

 2019年4月1日着工、2022年12月下旬竣工予定となっています。地上部の建設が始まるのはまだまだ先になりそうです。



白金ザ・スカイ

 2019年12月8日に現地から撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。



白金ザ・スカイ

 長細い敷地を端から端まで歩くと結構な距離があります。2013年6月17日の長谷工コーポレーションのプレスリリースでは2019年には供用開始でしたが、これだけの規模をまとめるには予定通りには行かないものなんでしょうね。



白金ザ・スカイ

 敷地の「白金高輪」駅側は細い路地しかないので今は撮影スポットが限られる再開発です。



白金ザ・スカイ

 最後に空撮をもう1枚。地上部の建設が始まれば首都高越しなど色々な場所から撮影できるようになるかと思います。こういった空撮が一番ですがお金がかかりますからね(^^;)



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定