渋谷フクラス

 12月5日に渋谷駅前にオープンした「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」(地上19階、高さ103.31m)です。

 2階〜8階は「東急プラザ渋谷」で9階〜16階はGMOインターネットグループが入居するオフィスフロア、そして17、18階は再び「東急プラザ渋谷」となっています。



渋谷フクラス

 これは11月1日にオープンした展望台「渋谷スカイ」から見下ろした「渋谷フクラス」で、この屋上広場は「SHIBU NIWA」と呼ばれる17階で誰でも自由に行ける場所となっています。18階はレストラン専用フロアとなっています。



渋谷スクランブルスクエア

 そんな「渋谷フクラス」に昨日行ってきました。これはその17階の屋上広場からの眺めです。正面には「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)がそびえ立っています。



渋谷ストリーム

 その隣にはGoogleが入居する「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)も見ることができます。



渋谷フクラスからの眺め

 代々木公園と新宿の超高層ビル群です。



パークコート渋谷ザ・タワー

 「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)も最上部だけギリギリ見えました。見た感じでは塔屋建設中のようでした。



渋谷フクラスからの眺め

 そこそこの高さがあるので無料スペースとしては広くて眺めの良い場所でした。



宮下公園

 この怪しげな建造物は建設中の「宮下公園」です。



渋谷フクラスからの眺め

 こちら方面は柵となっている窓が低くガラスを通さず直接見ることができます。



国立競技場

 完成した「国立競技場」も見えます。そう言えば聖火台はどこになったんでしょうね?



渋谷フクラスからの眺め

 六本木ヒルズや東京タワーも見ることができます。



渋谷フクラスからの眺め

 品川方面です。将来的には高輪ゲートウェイ駅周辺の超高層ビル群も見える角度ですが…手前では「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」(地上39階、高さ179.97m)が建設されるので見ることは出来なさそうです。



渋谷フクラスからの眺め

 芝浦アイランドなど田町駅周辺の超高層ビル群です。



スクランブル交差点

 眼下には「スクランブル交差点」も見えました。ここは観光名所となっておりスクランブル交差点内で海外の方がよく写真を撮っています。慣れてしまったのか自分にとっては普通の光景です。



銀座線渋谷駅移設工事

 「銀座線渋谷駅移設工事」の建設現場も見下ろすことができました。この筒の方へ駅が移動します。



東急東横店

 「東急東横店」です。この辺りは「渋谷駅街区開発計画挟(中央棟・西棟)」として再開発が行われます。



渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 窓ギリギリですが「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)の建設地もこうして見下ろすことができました。地上29階、高さ133.00mとなるB街区は見えませんでした。



渋谷フクラス

 屋上広場です。



渋谷フクラス

 この上の18階はレストラン専用フロアとなっていました。





 以前も載せた試験点灯中の「渋谷フクラス」です。オープン後の夜の様子は見ていませんが、2週間くらい前に見たときはこうして色が変化することはありませんでした。今はどうなっているんでしょうね。色が次々に変わる様子は渋谷らしくて良かったんですけどね。

■物件概要■
名称:渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上18階、地下4階(建築基準法上は地上19階)
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工
開業:2019年12月5日グランドオープン(東急プラザ渋谷)