新橋田村町地区市街地再開発事業
完成予想図[出典:港区]

 西新橋で建設中の超高層オフィスビル「新橋田村町地区市街地再開発事業」(地上27階、高さ138.4m)の完成予想図です。建築主は新橋田村町地区市街地再開発組合で参加組合員として三井物産都市開発が参画しているビルです。



新橋田村町地区市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 完成予想図を見るとセットバックしているオフィスフロアがありますが、断面図を見るとカンファレンス等のフロアとなるようです。また、低層部は店舗フロアとなりますがそこには屋内貫通通路も整備されます。



新橋田村町地区市街地再開発事業
オフィス平面イメージ図[出展:三井物産都市開発]

 フィスフロアは横長で貸室面積約2,380(約720坪)の広さとなります。



新橋田村町地区市街地再開発事業
完成予想図[出展:三井物産都市開発]

 真下から見上げた完成予想図です。高層部には円柱の柱がある特徴的なデザインとなります。



新橋田村町地区市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 横長の板状のビルとなりますが敷地はさらに横長で、ビル本体の両端には広場が整備され道路を挟んだところには緑地も整備されます。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 「新橋田村町地区市街地再開発事業」の建設地の空撮です。2019年11月30日の撮影です。着工から1年半以上過ぎたところでようやくタワークレーンが設置されました。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 別角度からの空撮です。左の上に真っ直ぐ伸びたタワークレーンのジフが見える場所が「新橋田村町地区市街地再開発事業」の建設地です。

 写真すぐ上の紅葉している箇所が日比谷公園ですが、この通り超高層ビルが建ち並んでいるので日比谷公園側の眺望はほとんどなさそうです。反対側は今のところ眺望は確保されています。ただ、どんなに眺望が良くてもブラインドを閉めっぱなしのオフィスもよくあるので眺望はあまり関係ないですかね。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 ヘリからタワークレーンの設置が確認できたので、その翌日に現地まで撮りに行ってきました。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 このように一部鉄骨も組まれていました。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 超高層オフィスビルは鉄骨を組み始めるとだいたい一気に伸びていきます。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 ただ、ここはまだタワークレーン1基なので本格的に鉄骨を組み始めるのはもうちょっと先かもしれません。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 最寄り駅となる徒歩1分の「内幸町」駅側から撮影。他にも最寄り駅は「霞ヶ関」駅徒歩2分、「虎ノ門」駅徒歩3分、「新橋」駅徒歩7分となっています。ただ「霞が関」駅は路線が複数あり丸の内線だと徒歩2分ではたどり着きません。

 ところで建設地の住所は東京都港区西新橋一丁目で「新橋田村町」の「田村町」とは?となるかもしれませんがこの辺りの昔の住所が「芝田村町」です。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 仮囲いの中です。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 こうして地下に鉄骨が張り巡らされている光景は結構好きです。



新橋田村町地区市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:新橋田村町地区市街地再開発事業
所在地:東京都港区西新橋一丁目500番
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上27階、塔屋1階、地下2階
高さ:138.4ma(最高138.4m)
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,688.5
建築面積:4,547.56
延床面積:105,572.16
建築主:新橋田村町地区市街地再開発組合
参加組合員:三井物産都市開発
設計者:清水建設・日建設計設計共同企業体
施工者:清水建設
工期:2018年5月着工〜2021年3月31日竣工予定