ブランズタワー豊洲

 2019年11月30日のヘリによる豊洲の空撮です。この中で中央にタワークレーンがある場所が建設中のタワーマンションが「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。右上は昨日のブログに載せた豊洲駅前の「豊洲ベイサイドクロス」(地上36階、高さ180m)です。



ブランズタワー豊洲

 左は「豊洲西小学校」で「ブランズタワー豊洲」との間に仮囲いがありますが、ここのスペースはタワーマンション建設による児童増加に対応するため校舎建設用地として譲渡した土地部分です。



ブランズタワー豊洲
配置図[出展:公式HP]

 向きは違いますがこの配置図のように敷地内には認可保育所とスーパーマーケットも建設されます。また、周辺は7950屬領价篭間となり「豊洲ぐるり公園」や「豊洲六丁目第二公園」などと繋がります。



ブランズタワー豊洲

 マンション本体にズームです。



ブランズタワー豊洲

 周辺は学校や公園、東電堀となっているので左のマンションがある箇所以外は超高層が建設される可能性は低く今後も眺望は確保されそうです。目の前の水色の高架はゆりかもめです。



ブランズタワー豊洲

 ここは宝くじが当たれば購入したい場所でしたが残念ながら毎回300円しか当たりません。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架下から見た「ブランズタワー豊洲」です。まだ3,4階くらいですかね。



ブランズタワー豊洲

 背後に見える「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地上36階、高さ180m)がある辺りが豊洲駅で徒歩4分の距離です。



ブランズタワー豊洲

 東電堀越に撮影。ここから見るのが一番キレイに見えそうです。



ブランズタワー豊洲
完成予想図[出展:公式HP]

 公式サイトの完成予想図も同じような方向からの図となっています。33階には共用施設としてスカイビューラウンジが設置され、4階には2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなどが設置されます。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 隣にはもう一つの建築計画のお知らせも設置されています。年明けの1月中旬からは第1期3次の販売が開始予定となっています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定