パークコート渋谷 ザ タワー

 渋谷で建設中の分譲のタワーマンション「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)です。「渋谷PARCO」(地上19階、高さ100m)の屋上庭園から撮影しました。



パークコート渋谷 ザ タワー

 ここは階段横の上にあるスペースから窓なしで撮ることができます。ただ、手前には建て替えられた「渋谷区役所」があり足元から見るこはできません。

 「パークコート渋谷 ザ タワー」の建設地は渋谷区の土地で2093年09月30日まで約70年の定期借地権がついています。その権利金の代わりに「渋谷区役所」とその隣にある「渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)」の建設を無償で行っています。



パークコート渋谷 ザ タワー

 目視で確認したところ撮影時には最上階の39階まで到達しており、屋上部分の建設が始まったところでした。



パークコート渋谷 ザ タワー

 地上から「渋谷区役所」越しに撮影。



パークコート渋谷 ザ タワー

 「LINE CUBE SHIBUYA」の隣から撮影。上部が広がるように見える外観ですがここから見ると直方体に近い形に見えます。



パークコート渋谷 ザ タワー

 代々木公園の入り口あたりから見た様子です。共用施設としてその代々木公園方面を望む地上20-21階に2層吹き抜けの「ザ パークビューラウンジ」、21階には代々木公園も望めるフィットネスルームが設置されます。他にもミーティングルーム、ゲストルーム、ステップラウンジ、コワーキングラウンジ、メディアラウンジ、ライブラリーラウンジ、スタディルーム、パーティルーム、スクリーニングルーム、ゴルフラウンジといった共用施設もあります。



パークコート渋谷 ザ タワー

 高層階にズームです。中層部あたりまでの角部屋は直角にせずに削ってありよく見かけるタワーマンションの形となっていますが、最上部に近づくに連れてその削られた角を小さくして行くことによって上部が広がっているように見せています。



パークコート渋谷 ザ タワー
立面図[出典:渋谷区]

 建設開始前に公開されていた立面図を見ると直方体の角を削っているだけということがよくわかります。




パークコート渋谷 ザ タワー

 近くから見上げてみました。



パークコート渋谷 ザ タワー

 見る場所によってはそれほど上に広がっているようには見えません。



パークコート渋谷 ザ タワー

 これは11月1日に「渋谷スカイ」から見た「パークコート渋谷 ザ タワー」ですがこれくらい離れて見た方が上が広がって見えます。



パークコート渋谷 ザ タワー

 少し広角で撮影。最上階には屋上にプライベートプールがある住戸があり12月上旬から一番広い208.89屬良屋が販売開始となります。どのくらいの価格でどういった人が購入するんですかね。

■物件概要■
名称:パークコート渋谷 ザ タワー
計画名:(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟
所在地:東京都渋谷区宇田川町28番49,28番79,96番3
用途:共同住宅
総戸数:505戸(総販売戸数355戸)
定期借地権:2093年09月30日まで約70年
階数:地上39階、地下4階
高さ:136.24m(最高高さ142.69m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,565.00
建築面積:1,690.00
延床面積:61,491.62
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:日本設計
施工者:東急建設
工期:2016年6月上旬着工〜2020年9月下旬竣工予定
入居:2021年4月上旬予定(2019年9月以前に契約締結していれば2021年1月下旬予定)