川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 川口に建設される野村不動産のタワーマンション「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の完成予想図です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 1階〜3階は約9,000屬龍閥函Χ般鎧楡(44室)で4階〜28階が住宅部分(481戸)となります。

 ところで野村不動産のタワーマンションと言えば「プラウドタワー」を冠にした名称が多いですが、川口では既に「プラウドタワー川口」(地上21階、高さ66.60m)が建設中のためここは違う名称になります。「プラウド」の冠は付くと思いますがどういった名称になるんでしょうね。




川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 建設地は川口駅から東へ約300m、樹モール(川口銀座商店街)沿いで、ディスカウントストアの「ザ・プライス川口店」等があった場所です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 GWに来たときはまだ既存ビルはありまだ営業していたのですが、それから約半年後に行くとすっかり既存ビルは解体されていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 川口駅前から続く六間道路沿いから見た建設地です。松屋などがあるこの左側の区画は再開発には含まれていません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 商店街に面しているため人通りが多く、なるべく人を入れないで撮ろう思うとなかなか全体は撮れません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 これはいい感じに撮れました。「ザ・プライス川口店」があったのは写真奥側でこの辺りは小さな店舗が並んでいました。

 奥に見えるタワーマンションは「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 左のマンションは「リビオ川口セルフィア」(地上14階)で再開発には参加していません。この南側(写真左側)には駐車場があったのですが、そこでは1,2階が店舗となる13階建てマンションの建設が始まっていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。ほぼ更地なっていました。12月1日には着工予定となっています。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、自動車車庫
総戸数:481戸(店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:未定
特定業務代行者:前田建設工業・埼和興産共同企業体
工期:2019年12月1日着工〜2023年3月31日竣工予定