大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 大宮の大規模再開発「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業」(地上18階、高さ94.50m)の外観全体イメージ図です。現地看板を撮影しました。

 場所は大宮駅の東口側から徒歩数分の位置で「中央デパート」等の跡地で、店舗、市民ホール、オフィス等で構成される複合施設となります。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業
立面イメージ[出展:大宮市]

 フロア構成は1階〜5階に商業・業務施設、4階〜9階に大ホール、小ホール、公共公益施設、9階〜18階がオフィスフロアとなります。完成予想図だと黒っぽい外壁部分が商業施設部かと思いますが、外に出られるテラスも整備されるようです。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業」の建設地です。低層部の鉄骨が組まれていました。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 写真だと伝わらないかもしれませんが、低層部の1フロアが広いため現地で見ると結構な迫力でした。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 このビルにはNHKが入居する計画もありましたがNHKの辞退によりなくなっています。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 路地を入った裏側から撮影。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 高層部がオフィス部となる側です。見た感じではオフィスフロア部まではまだ到達してないようでした。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 大宮駅前から見るとこのようにタワークレーン3基が見えます。まだ建物本体は右端のほんの一部しか見えませんが数ヶ月後には随分と見えるようになっているかと思います。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。1年後くらいには外観はほぼ完成しているようですが、その後の仕上げ工事があり全て完成するのは約2年後となっています。

■物件概要■
計画名:大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業 施設建築物等 新築工事
所在地:埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目118番
用途:事務所、公共公益施設、店舗・業務施設、駐車場
階数:地上18階、塔屋1階、地下3階
高さ:94.50m
構造:S造 一部 SR造(地上階)、SRC造 一部 S造(地下階)、免震構造
敷地面積:8,558.34
建築面積:6,827.91
延床面積:82,084.64
建築主:大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合
参加組合員: 三井不動産、大栄不動産
設計者:山下設計
施工者:鹿島・松永建設特定業務代行企業体(代表企業:鹿島建設)
工期:2018年3月9日着工〜2021年10月31日竣工予定