広島駅南口計画(仮称)
イメージパース[出展:日本郵便]

 広島駅の南口の目の前にある「広島東郵便局」跡地に建設される「広島駅南口計画(仮称)」(地上19階、高さ約90m、延床面積約44,270)の完成予想図です。現在は一般競争入札の参加申請の受付中(11月11日まで)で2020年3月12日に入札が実施されます。

 日本郵便のプレスリリースでは地上20階となっていましたが、建設通信新聞の最新記事では地上19階となっています。1フロア減ったのか19階建てと塔屋1階で合わせて20階建てとしていたのかは不明です。

 詳細なフロア構成は不明ですが低層部は店舗フロアとなり、中高層部が基準階面積約1,500屬離フィスフロアとなります。工期は2022年8月31日までです。

▼日本郵便:プレスリリース(2019年5月23日)
広島駅南口における開発計画について

▼建設通信新聞(2019年11月5日)
11月11日まで参加申請/広島駅南口にオフィスビル/日本郵便WTO



広島駅南口計画(仮称)
配置図[出展:日本郵便]

 建設地は広島駅に隣接した場所で南口にあるロータリーに面しています。



広島駅南口計画(仮称)

 「広島駅南口計画(仮称)」(地上19階、高さ約90m)の建設地です。現在は仮囲いで囲まれた「広島東郵便局」が建っています。



広島駅南口計画(仮称)

 既にフジタによって仮囲いが設置されているので、フジタが入札して施工者もフジタということになるんでしょうかね。



広島駅南口計画(仮称)

 こういった郵便局跡地に建設される超高層ビルは「JapanPost」を略した「JP」を冠にしたシリーズとなるのでここは「広島JPビルディング」か「JPタワー広島」になるかと思われます。



広島

 二葉山平和塔に行く途中の道から撮影した広島駅前の超高層ビル群です。数年後にはこの右側の方に「広島駅南口計画(仮称)」が見えてくることになります。

■物件概要■
計画名:広島駅南口計画(仮称)
所在地:広島県広島市南区松原町2番62号(広島東郵便局敷地)
用途:事務所、店舗、自走式駐車場
階数:地上19階
高さ:約90m
構造:S造
敷地面積:約4,200
延床面積:約44,270
建築主:日本郵便
設計者:日本郵便、久米設計、日建設計コンストラクション・マネジメント
施工者:未定
工期:2022年8月310日竣工予定