渋谷スクランブルスクエア

 2019年11月1日にオープンした「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)です。



渋谷スクランブルスクエア

 フロア構成は地下2階〜地上14階が商業施設、15階が産業交流施設、17階〜45階がオフィスフロア、そして45階と屋上が展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」となります。途中フロアの14階が展望台のチケットカウンターで今回は混雑を避けるため、展望台予約者は2階からエレベーターで直接14階への移動でした。



渋谷スクランブルスクエア

 ところで低層部のこの部分。変形のオーロラビジョンとなっていました。この形を活かした映像を作るのはクリエイターの腕の見せどころですね。ところで、オーロラビジョンって三菱電機の製品名なんですね。ここはどこのメーカーかはわかりませんが、宅急便のように一般名詞のような扱いになっているので問題はないでしょう。



渋谷スカイのチケットカウンターフロア

 14階の「渋谷スカイ」のチケットカウンターフロアです。天井が鏡張りでこのように面白い写真が撮れる場所でした。



渋谷スカイのチケットカウンターフロアからの眺め

 渋谷のスクランブル交差点もこのように見えました。平日のため人はちょっと少ない気がします。ただ、この前日はハロウィンだったのでそのときは凄かったようですね。



渋谷スカイのチケットカウンターフロアからの眺め

 渋谷に最近新しく建設された(建設中)のビルもいい感じに見える場所でした。



渋谷スカイからの眺め

 ここからは展望台からの眺めで、同じビル群を「渋谷スカイ」の屋上から見た様子です。



渋谷スカイから見たパークコート渋谷ザ タワー

 「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)すらも見下ろす高さです。



渋谷スカイからの眺め

 広角で見るとこのように代々木公園の先に新宿の超高層ビル群が見えました。



渋谷スカイからの眺め

 ガラッと生まれ変わる宮下公園も眼下にありました。



渋谷スカイからの眺め

 六本木ヒルズ方面に続く国道245号線と首都高もキレイ見えました。ここの首都高を都心方面に行くと六本木ヒルズに向かって行く感じですが、逆方向だと「渋谷スクランブルスクエア」に向かって走る感じになりますね。



渋谷スカイからの眺め

 「東京タワー」です。今のところ東京タワーを隠すような超高層ビル計画はありませんが、第2六本木ヒルズとも呼ばれている計画が始動すると隠れる可能性もあります。



渋谷スカイからの眺め

 「東京スカイツリー」です。この日は晴れてはいましたが視界が悪かったです。次は視界の良い日に行ってみたいです。



渋谷スカイからの眺め

 このように近い場所はキレイに見えましたがちょっと離れるとどんどん見え方が濁っていきます。



渋谷スカイから見た国立競技場

 新国立競技場にズームです。オーロラビジョンの試験点灯らしき様子も見えました。



渋谷スカイから見た渋谷フクラス

 もうすぐオープンする「渋谷フクラス」(地上19階、高さ103.31m)です。屋上広場の様子を見ることもできました。こちらも早く行ってみたい場所です。



渋谷スカイから見た渋谷ヒカリエ

 高さ230mは渋谷のシンボル的なビルだった「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)もこのように見下ろす高さとなります。



渋谷スカイから見た渋谷ストリーム

 もちろん「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)も見下ろすことができます。



渋谷スカイから見た渋谷ストリーム

 オフィスフロア部にはGoogleが入居するためロゴが付いています。



渋谷スカイから見た(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 そして「渋谷ストリーム」の隣には「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地現場です。ここには地上39階、高さ179.97mと地上29階、高さ133.00mの超高層2棟が建設されます。



渋谷スカイから見た(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ドンキホーテによる「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)の建設地です。あまり良い撮影スポットがない場所でしたがここからはバッチリ見えます。



渋谷スカイのヘリポート

 屋上はヘリポートとなっており六本木ヒルズとは違って普通に歩き回れます。ここは5tのヘリまで着陸できるようです。



渋谷スカイに蛾

 その屋上には割りと虫がいて、ハンモックに行ったら隣の人の足に蛾が止まっていました。外国人の方でしたが撮影OKもらっています。



渋谷スカイから見た夕焼け

 そして夕焼けです。



渋谷スカイから見た夕焼け

 視界が悪かったのでこのときはまだわからなかったのですが…



渋谷スカイから見た夕焼け

 太陽が沈む本当の直前になって富士山が浮かび上がりました。今日あたりにダイヤモンド富士のような気がしますが天気が…無理ですかね。



渋谷スカイから見た夕焼け
 最後はお気に入りの1枚。屋上に行くエスカレーターの隣の階段です。手すりのガラス(アクリル版?)の面に夕焼けが反射して地平線が伸びてキレイでした。階段の手摺もいい感じです。

 この後始まる夜景は昨日のブログに載せているのでそちらをご覧ください。

 「渋谷スカイ」の入場料はWEBチケットが1800円(大人)、当日窓口チケットは2000円(大人)となっています。ただし、11月はWEBチケットのみの販売となっており当日券の販売は12月からとなっています。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月1日