(仮称)新TODAビル計画

 東京都の「京橋一丁目東地区」の再開発「ミュージアムタワー京橋」(地上23階、高さ149.22m)と「(仮称)新TODAビル」(地上28階、高さ約173m)の完成予想図です。

 「京橋一丁目東地区」の街区名称は「京橋彩区」に決定しており、両棟の低層部にはアートと文化を核とした美術館などの施設が入ります。

 左の「ミュージアムタワー京橋」は既に竣工しており低層部には「アーティゾン美術館(ARTIZON MUSEUM)」が来年1月に開館します。この場所に元々あった「ブリヂストン美術館」の後継施設です。

 右の「(仮称)新TODAビル」は2024年竣工予定で、こちらも低層部は文化貢献施設となります。また、両棟の間には芸術・文化イベントが開催可能な「(仮称)アートスクエア」が整備されます。



(仮称)新TODAビル計画

 「(仮称)新TODAビル」は「戸田建設本社ビル」の跡地に建設される戸田建設のビルで、2019年12月から既存ビルの解体工事が始まり、2021年に着工、2024年竣工予定となっています。



戸田建設本社ビル

 昨日撮影した「戸田建設本社ビル」(地上9階、最高高さ39.970m)です。カメラの設定をミスっていてちょっとブレしまっています(^^;)



戸田建設本社ビル

 予定では2019年12月16日から解体工事が始まるのでこの姿を見られるのも残り数ヶ月となりそうです。



戸田建設本社ビル 解体工事のお知らせ

 「戸田建設本社ビル」の解体工事のお知らせです。解体工事の名称は「(仮称)新TODAビル計画に伴う解体工事[軍攻]」で、戸田建設自身によって2019年12月16日〜2022年2月15日の工期で解体工事が行われます。

■物件概要■
計画名:(仮称)新TODAビル
所在地:東京都中央区京橋一丁目
用途:事務所、店舗、展示施設、創作・交流施設、情報発信施設等
階数:地上28階、地下3階
高さ:約173m
敷地面積:約6,150
延床面積:約101,500
事業者:戸田建設
工期:2021年〜2024年竣工予定



TOKYO 2021

 そんな「戸田建設本社ビル」では本日、2019年10月20日までアートイベントの「TOKYO 2021」が開催されています。



TOKYO 2021

 ということでギリギリになってしまいましたが昨日、この「TOKYO 2021」に行ってきました。



TOKYO 2021

 『「TODAビル」が解体され一旦姿を消すその前に、再び京橋に新たな芸術文化施設と共に戻ってくることを宣言』との理由でこのアートイベントを開催したとのことでした。



TOKYO 2021

 どんなビルになるかの説明もありました。



TOKYO 2021

 会場は2箇所ありこちらは事前登録(無料)が必要な『課題「島京2021」』の会場側です。



TOKYO 2021

 広い会場ではありませんが天井を大胆に使用した作品もありました。これは解体される前だからこそできる展示でした。



TOKYO 2021



TOKYO 2021


TOKYO 2021

 こちらは事前登録なしで入場できる 「慰霊のエンジニアリング」側です。入ってすぐに大山顕さんの作品がありました。本日までの開催なので興味がある人は足を運んでみてください。