シティタワー武蔵小山
外観完成予想図[出展:公式HP]

 武蔵小山駅から徒歩1分の場所で建設中のタワーマンション「シティタワー武蔵小山」(地上41階、高さ144.504m)の完成予想図です。これは41階建てのタワー棟しか見えない位置からの完成予想図ですが、隣には9階建てのレジデンス棟もあります。

 ところで住友不動産のシティタワーシリーズは黒を基調としたデザインが多いイメージがありますが、ここは黒を使わないデザインとなっています。



シティタワー武蔵小山
外観完成予想図[出展:公式HP]

 これは公式HPのトップに表示されている画像ですが、背後の東京都心の超高層ビル群はイメージではなく現地40階相当からの北東方面の眺望にCGを重ねた図となります。ここはちょうど東京タワーと東京スカイツリーが同じ高さに見える位置となるようで、ここの住民になれば36階に設置されるスカイラウンジ&パーティルームからこの都心方面の景色を一望することができます。

 他の共用施設としてはタワー棟4階にオーナーズスイート2室とキッズルーム、レジデンス棟4階にライブラリーとスタディルームが設置されます。



シティタワー武蔵小山

 現地から撮影した「シティタワー武蔵小山」の建設現場です。中央がタワー棟で手前の武蔵小山駅に近い側がレジデンス棟の建設地です。背後のマンションは「パークホームズ武蔵小山」(地上19階、高さ59.9m)です。



シティタワー武蔵小山

 タワー棟は2基のタワークレーンで建設中です。



シティタワー武蔵小山

 この角度から見るとスマートに見えそうな形となりそうです。



シティタワー武蔵小山

 ちなみにこれは台風の翌日の撮影ですが特に影響はなかったように見えます。



シティタワー武蔵小山

 奥に見えるタワーマンションは「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)でこことほぼ同じ高さです。この2棟が武蔵小杉駅前に並ぶことによって遠方からはツインタワーのように見えそうです。



シティタワー武蔵小山

 近くのお寺の敷地越しに撮影。タワー棟の本体が辛うじて見えていました。次回訪問時にはどれくらい見えるようになっているんでしょうね?



シティタワー武蔵小山 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:シティタワー武蔵小山
仮称:(仮称)武蔵小山駅1分超高層住友不動産プロジェクト
事業名:武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都品川区小山三丁目1番24(地番)
用途:共同住宅、店舗、事務所、公益施設、駐車場、駐輪場
総戸数:506戸(非分譲住戸188戸含む)
階数:地上41階、地下2階
高さ:144.504m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:5,416.38
建築面積:3,257.06
延べ面積:53,456.13
建築主:武蔵小山駅前通り地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施行者:五洋建設
工期:2018年3月15日着工〜2021年6月中旬竣工予定
入居:2021年8月中旬予定