ハレザタワー

 サンシャイン60の展望台から見た建設中の「Hareza池袋ハレザ池袋)」のオフィス棟「ハレザタワー」(地上33階、高さ158.28m)です。

 低層部はシネコンでガラスカーテンウォールとなっている部分がオフィスフロアとなります。



ハレザタワー

 高層部にズームです。



ハレザタワー

 タワークレーンは一回り小さいクレーンを設置して解体、そのクレーンよりまた一回り小さくクレーンを設置して解体といった感じに、どんどん小さくして解体していきますが、もう随分と小さめのタワークレーンとなっていました。



ハレザタワー

 地上から見上げた「ハレザタワー」です。建設地は「豊島区庁舎」の跡地です。



ハレザタワー

 路地を入った場所から撮影。



ハレザタワー

 明治通り側にある交差点から撮影。標準レンズではこのように入り切らないのでここからでも全体を撮るには超広角のレンズが必要ですが、今話題のiPhone11の広角レンズだと普通に全体が撮れそうです。



ハレザタワー

 低層部です。2〜6階は10スクリーン約1700席のTOHOシネマズシネコンとなり、オフィスフロアは7階〜32階となります。

 右端に低層部のデザインが同じ建物がチラッと見えているのが…



東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

 「豊島公会堂」跡地に建設された「東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)」です。名称からわかる通り東京建物がネーミングライツを取得しており2029年4月30日まではこの名称となります。



東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

 10月26日はプレオープンし11月からはこけら落としシリーズが上演されます。正式なオープンはこけら落としシリーズが始まる11月2日になるんですかね。あと1ヶ月です。



Hareza池袋(ハレザ池袋)

 「東京建物 Brillia HALL」と「ハレザタワー」はこのようにペデストリアンデッキで接続されます。



中池袋公園

 「ハレザ池袋」の目の前にある「中池袋公園」です。ここはリニューアル工事が行われており、ハレザ池袋と連携してエリア全体を活用したイベントなども開催される計画となっています。



Hareza池袋(ハレザ池袋)

 その「中池袋公園」越しに見た「ハレザ池袋」です。



としま区民センター

 公園から写真の右端に見切れていたのがこの「としま区民センター」です。映画館やホールなどこの場所に集積しており、目の前にはイベントにも使える公園もあるのでかなり賑わう場所となりそうです。



Hareza池袋(ハレザ池袋) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。一部施設は11月にオープンしますが「ハレザ池袋」全体のグランドオープンは2020年夏予定となっています。

■物件概要■
名称:ハレザタワー(ハレザ池袋 オフィス棟)
計画名:(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番1
用途:事務所、映画館、店舗、駐車場
階数:地上33階、地下2階
高さ:158.28m
構造:S造+RC造+SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,619.67
建築面積:2,190.81
延床面積:68,652.71
事業者:東京建物、サンケイビル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年5月31日竣工予定