(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 「レインボーブリッジ」から撮影した竹芝で建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。背後に見える汐留の超高層ビル群よりも海に近い位置でこの高さは迫力があります。その汐留にある「東京汐留ビルディング」(地上37階、高さ173.2m)に入るソフトバンクの本社がここに移転してきます。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 少し近付いて撮影。大雑把に言うと超高層部は三角形となっているので見る角度によって印象が変わるビルとなっています。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 「世界貿易センタービル」から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。展望台は高ければ高いほどいいというわけでもなく、これくらいの高さから見ると超高層ビル群のスカイラインが凹凸となっていい感じに見えます。ここが正にそれに当てはまる場所で同ビルを見るにはちょうど良い高さかと思います。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 目の前には「芝離宮恩賜庭園」があり庭のように見下ろせる立地となっています。まだ写真左側には竹芝駅から浜松町駅まで繋がるペデストリアンデッキが整備中です。



(仮称)竹芝地区開発計画

 そこそこ高さのあるペデストリアンデッキなので完成が楽しみです。



(仮称)竹芝地区開発計画

 首都高上空部分には屋根も付いていました。この屋根は浜松町駅側まで取り付けられるのでかね?もう少し工事の様子を見守らないとわかりません。



(仮称)竹芝地区開発計画

 「芝離宮恩賜庭園」越しに見たペデストリアンデッキです。そのペデストリアンデッキからは「芝離宮恩賜庭園」や周辺の超高層ビル群を眺められるようになると思うので先程も書きましたが本当に完成が楽しみです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 JR浜松町駅近くから見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。



(仮称)竹芝地区開発計画

 まだ未使用の汐留から続くペデストリアンデッキと同再開発によるペデストリアンデッキがちょうど交差する部分ですがこの先がありません。同再開発は来年の5月31日竣工予定ですがそれまでに完成するんですかね。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 首都高越しに撮影。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 首都高を超えたところで同再開発ビルにペデストリアンデッキが接続されます。一旦このビルを経由してゆりかもめ「竹芝」駅に接続するようになります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 目の前から見上げた「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。ここから見ると板状のビルに見えますが…



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 少し移動すると直方体のビルにも見えます。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 低層部の海側(竹芝駅側)は階段状のスキップテラスとなります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 この辺りは一般の人も行ける場所となるはずなのでここも完成が楽しみな場所の一つです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 ただ、周辺にはビルが建ち並んでいるので視界の良い眺望はなさそうです。また、右奥に見える建設中のビルが同再開発の住宅棟です。



(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

 その住宅棟で賃貸マンションとなる「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)です。一般賃貸住宅、サービスアパートメント、シェアハウスの3種類からなる賃貸住宅で計画されており1R〜3LDKの住戸プランとなる予定です。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 最後はもう一度レインボーブリッジから見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。たぶん東京で最も海に近い高さ200m超えの超高層ビルです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 たまに航空法とは関係なく高さを制限して高さを揃えようとする地域がありますが、このように凸凹したスカイラインの方が迫力が増して景観も良くなっていると思います。これは自分が超高層ビルが好きなだけで一般的な感覚と違うだけですかね。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定