三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業
外観完成予想図[出典:公式HP]

 三田新たなランドマークとなる住友不動産の超高層オフィスビル「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上42階、高さ215m)の完成予想図です。公式HPでは「東京三田再開発プロジェクト」と呼ばれています。

 「田町」駅から「高輪ゲートウェイ」駅方面に行った場所にある「三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)の隣が建設地となります。同じ住友不動産のビルのため同じ赤色を使った超高層オフィスビルとなります。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東京都都市再生分科会]

 建設地は東京タワーがキレイに見えることでも有名な「札の辻交差点」の角地で、この完成予想図のように歩行者デッキが拡大され、芝浦方面へと繋がる「札の辻橋」に直接接続され、そして高台の三田四丁目方面へとも繋がります。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 同再開発は騎攻茵↓恭攻茵↓軍攻茲3つの街区があり、メインとなる超高層ビルが建設されるのが騎攻茲諒9臈1で地上42階、高さ215mの超高層オフィスビルとなります。

 恭攻茲諒9臈2は高さ約23mの幼稚園・学校となります。複合棟2の上にある広場1号あたりには聖徳学園があるため、複合棟2が完成すると移転・解体し、広場の整備が始まるのかもしれません。

 軍攻茲僚斬霤1は地上9階、高さ31.5mの住宅棟1と住宅棟2が建設されます。軍攻茲蝋眤罎里燭當秡愽瑤任發修海修海旅發気あります。

 「三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)は同再開発の整備区域ではありませんが、同じ住友不動産のビルであり今回の再開発によって緑地が繋がり連続した街となります。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 「札の辻交差点」から見た「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 「東京三田再開発プロジェクト」(地上42階、高さ215m)の建設地に残っていた既存ビルの解体工事も始まっています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 騎攻茲梁臧分はずっと駐車場として利用されていた場所なので、その既存ビルの解体が終わると一気に敷地全体が見えるようになります。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 奥に見えるのが聖徳学園です。勝手な予想ですがこの手前に新校舎が建設され移転後に、現校舎がある場所が広場に整備されるものと思われます。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 こちら側も解体が始まっていましたが、このペンシルビルの聖徳大学はどうなるんでしょうね?ここも移転してから解体なんですかね。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 「高輪ゲートウェイ」駅側から見た「東京三田再開発プロジェクト」の建設地方面です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 「札の辻交差点」の歩道橋から見るとこのような感じとなっています。着工しているようにも見えますが建築計画のお知らせでは10月中旬着工予定となっています。

 そして高台側では既存マンションの解体工事が本格的に始まっていました。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 「旧東急アパート本館・別館」には解体用足場が組まれ始めていました。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いがあるので何とも言えませんが、この辺りの解体工事が終わると高台のため今まで見えなかった景色が広がるかもしれません。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 この「秀和三田聖坂レジデンス」も再開発の敷地に含まれていると思うのですが、解体されるような気配は一切ありませんでした。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 一番気になるのはこの「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」ですがどうなってしまうんでしょうね?これはこのまま残して欲しいものです。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 このように軍攻菎Δ任皺鯊旅事が本格化しています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は大林組に決定しています。また、着工予定は4下旬だったのが10月中旬へと修正されています。

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:200,540
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定


パソコン復帰は諦めて内蔵HDDを旧PCに繋いでメールなど環境を一部復活させました。動かくなったPCは組んでもらったPCで、CPUなどはそこそこいいのを使っているので使える部品は使いつつ10年以上ぶりにPCを組み立ててみるのもありかなと思っています。