(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

北青山三丁目地区

 六本木ヒルズから撮影した北青山三丁目地区方面です。右側の建設中のタワーマンションが「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」(地上25階、最高高さ99.90m)で、わかりにくいですがその左側が「(仮称)都営北青山三丁目団地」(地上20階、高さ70m)です。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

 現地から撮影した「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」(地上25階、最高高さ99.90m)です。

 建設地は「都営青山北町アパート」の跡地ですが都営のアパートとはならず、東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設で構成される青山共創が建築主となり5〜25階は民間の賃貸のタワーマンションとなります。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

 フロア構成は1〜2階が店舗、認可保育所、地域交流施設、2〜4階がサービス付き高齢者向け住宅(49戸)、5〜25階が賃貸住宅(229戸)となります。


(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

 住所は港区北青山で青山通りから一本中に入った場所で静かな一等地です。右側にチラッと見えるのが都営の団地ですがこことはかなりの家賃の差になりそうですね。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業
完成予想図[出展:東京都都市整備局]

 外装デザインは隈研吾氏が手掛けていますが、この低層部が隈研吾らしさ全開ですね。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業
完成予想図[出展:東京都都市整備局]

 都営側も合わせて北西側には大規模な緑地空間となる「森」が整備されます。水辺もある空間となりますが、どういった空間に仕上がるのか実際に歩いてみたい場所です。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業
所在地:東京都港区北青山三丁目227番4
用途:賃貸住宅(229戸)、老人ホーム(49戸)、飲食店、物販店舗、保育所、自動車車庫
階数:地上25階、地下1階
高さ:89.90m(最高99.90m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,895.01
建築面積:2,849.12
延床面積:34,804.00
建築主:青山共創
構成員:東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2018年3月1日着工〜2020年5月31日竣工予定



(仮称)都営北青山三丁目団地

(仮称)都営北青山三丁目団地

 「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」の隣(右奥)で建設中の「(仮称)都営北青山三丁目団地」(地上20階、高さ70m)です。



(仮称)都営北青山三丁目団地

 今年の9月30日竣工予定なのでそろそろ情報が出ているかな?と軽くググってみたのですが情報は見つけられませんでした。ただ、都営住宅なのである一定の条件を満たした世帯での抽選になるかと思います。都営なので北青山とは思えない家賃設定かと思います。



(仮称)都営北青山三丁目団地

 最寄り駅は「表参道」で住所は港区北青山。住める人はラッキーですね。



(仮称)都営北青山三丁目団地

 「表参道」駅のすぐ近くにある「秋葉神社」越しに見た「(仮称)都営北青山三丁目団地」です。



(仮称)都営北青山三丁目団地 建築計画のお知らせ

■物件概要■
仮称:(仮称)都営北青山三丁目団地
所在地:東京都港区北青山三丁目227番3
用途:都営住宅、保育所、児童館
階数:地上20階、地下なし
高さ:70m
構造:鉄筋コンクリート(一部鉄骨)
基礎工法:杭基礎
敷地面積:8,817.98
建築面積:2,919
延床面積:21,367
建築主:東京都
設計者:東部住宅建設事務所
施工者:長谷工・株木・石川・武家田建設共同企業体(代表者:長谷工コーポレーション)
工期:2017年3月20日着工〜2019年9月30日竣工予定