勝どき東地区第一種市街地再開発事業

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:東京都]

 勝どきで建設中の超大規模タワーマンション「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。全体戸数約3255戸で参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しているタワーマンションです。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
断面図[出展:東京都]

各棟の規模は以下の通りで建設中のA1棟とA2棟の完成後にB棟の建設が始まります。

A1棟:地上58階、地下3階、最高高さ194.53m、延べ181,422.61
A2棟:地上45階、地下2階、最高高さ164.85m、延べ138.312
B棟:地上29階、地下1階、高さ約106m



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:東京都]

 A1棟は日本最高層のトライスター型(Y字型)のタワーマンションとなります。A2棟は低層部がオフィスフロアとなるへの字型の形状となります。そしてB棟は板状のタワーマンションとなります。

 また、最寄り駅となる「勝どき」駅に一番違い場所には「勝どき」駅まで繋がる地下通路が整備され、そしてその延長線上の朝潮運河には人道橋も整備されます。晴海からの人の流れが大きく変わる再開発となります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 現在は山留工事などが行われています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 地上部の工事が始まるまではまだしばらくかかりそうですが、将来は勝どきや晴海の巨大なタワーマンション群に新たなタワーマンションが加わります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.53m)の建設地です。都心側以外はタワーマンションに囲まれる立地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 そのため開けた視界の部屋は少ないと思いますが、これだけタワーマンションがあると夜景はかなり迫力がありそうです。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 現在は山留工事などが行われており既にトライスター型の形が確認できる状態となっています。ただ、もうちょっと高いところから見ないとわかりにくいですね。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 現地に設置されている7月度の施工状況図です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。建築面積は4,300屬圓辰燭蠅呂覆い隼廚い泙垢未だに数値は修正されていませんでした。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸(以前の情報)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:181,422.61
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。最寄り駅となる「勝どき」駅に一番近い棟で、この角地に駅まで繋がる地下通路が整備される計画となっています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 目の前にある朝潮運河越しに見たA2棟の建設地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 こちらも既に形が確認できる状態となっていますがやはりこの高さからではわかりにくいですね。

 この辺りはどこを見てもタワーマンションや超高層ビルがあり、途切れることなくどこかでタワーマンションの建設が続いています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 現地に設置されている7月度の施工状況図です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸(以前の情報)
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

仮設消防署

 A2棟の敷地の端にある「臨港消防署月島出張所仮設庁舎」です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 A1棟とA2棟の間には「臨港消防署月島出張所」がありましたが、現在はA3棟として消防署が再び建設中です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 こちらのA3棟は他よりも早く2020年3月下旬の竣工予定となっています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 建築計画のお知らせの掲載は省略しますが、規模は地上3階、高さ17m、延べ1,195屬箸覆辰討い泙后M囘咾肋男表陝一戸建ての住宅となっていますが、住宅といのは消防士の仮眠や休憩所のことですかね?初めてみる用途です。