ブランズタワー豊洲

 豊洲駅から徒歩4分の位置で建設中の「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。ゆりかもめの車内から撮影しました。タワークレーンが2基設置され1階部分の鉄筋が組まれていました。



ブランズタワー豊洲

 ここまできたら後はどんどん上に伸びて行くだけなので、訪問するたびに高くなっているかと思います。



ブランズタワー豊洲

 「ブランズタワー豊洲」はモデルルームが公開されており、既に訪れたマンションが好きな方々の情報を見ていると価格の割りに残念な箇所が多々あるようですが、きっと目の肥えた人には気になっても一般の人は気にならないレベルなのかなと勝手に思っています。何より駅近で眺望が素晴らしく、公園も隣接している立地がここの一番の価値かと思います。



ブランズタワー豊洲

 このあたりにはプロムナードが整備されます。



ブランズタワー豊洲

 このあたりにはスーパーマーケットが建設される予定となっています。



ブランズタワー豊洲

 このように敷地内には保育所も整備されます。また、左上に小学校増築予定地がありますが、これはタワマン建設による児童増加に対応するため、校舎建設用地として同再開発の土地を譲渡した部分となります。



ブランズタワー豊洲

 東電堀越しに撮影。自分が始めて豊洲に訪れたときの駅前は中央の「豊洲センタービル」しかなかったのですが、年々街が進化していっています。



ブランズタワー豊洲

 晴海から見た「ブランズタワー豊洲」です。背後は東雲のタワーマンション群です。



ブランズタワー豊洲

 現地看板を撮影した完成予想図です。33階には共用施設としてスカイビューラウンジが設置されます。4階には2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなどが設置されます。



ブランズタワー豊洲

 このように広々としたグランドエントランスホールとなりますが、一旦4階を経由してから5階以上にある住宅フロアに行く動線となるようです。



ブランズタワー豊洲

 プロムナードの完成予想図です。住民以外でも東電堀側に行きやすくなります。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定