(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 渋谷駅の山手線外側の恵比寿方面の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。駅前の既存ビルの地上部の解体が終わって視界が一気に広がりました。

 参加組合員として東急不動産が参画する大規模再開発で、この場所はA街区として地上39階、高さ179.97mの超高層オフィスビルが建設され、右奥のB街区には地上29階、高さ133.00mのタワーマンションが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「渋谷ストリーム」から見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」です。ここからの眺めも視界が広くなりました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 埼京線の渋谷駅のホームから見た様子です。中央がかつての渋谷のシンボルタワーだった「セルリアンタワー」(地上41階、高さ184m)です。右端が渋谷駅周辺の再開発ビルの一つ「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」(地上19階、高さ103.31m)です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 逆側の坂の上から見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)です。この道路が再開発区域の境目となっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 坂を下りた場所から撮影。



渋谷

 既存ビルが解体されたため、このように「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)や「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)を見ることができるようになりました。いつも書いていますが既存ビルが解体され、再開発ビルのち上部の建設が始まるまでの間しか見られない景色も再開発探訪の醍醐味の一つです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 現地看板を撮影した完成予想図です。左が地上39階、高さ179.97mのA街区、右が地上29階、高さ133.00mのB街区です。このようにA街区は壁のような超高層ビルになるので先程の景色は今だけです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
配置計画図[出典:東急不動産]

 この配置図で中央に音楽坂とありますが、そこが先程の坂の上から撮影した場所です。また、C棟とある場所には教会が建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 埼京線の渋谷駅のホームから見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133.00m)方面です。街区内では大きなビルとなるヤマハのビルなどの解体が始まっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷駅から一番遠い側から見たB街区です。この角地の一部が教会が建設されるC街区となります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 開いていたゲートから撮影。手前は「(仮称)丘の上広場」となるのでB棟の本体は既存ビルがあるあたりかと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 その既存ビルの一つの「中渋谷教会」です。このビルだけは解体される気配が全くありませんでしたが、どういったスケジュールになっているんでしょうね。仮設の教会を建設してから移転、解体とかですかね。よくわかりません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町5-2,5-3,13-3,13-5 他
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定