コモレ四谷 YOTSUYA TOWER

 四谷駅前で建設中の「コモレ四谷 YOTSUYA TOWER」(地上31階、高さ144.68m)です。「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」として開発が行われていましたが地区名称は「CO・MO・RE YOTSUYAコモレ四谷)」に決定しています。



コモレ四谷 YOTSUYA TOWER

 グルっと一周撮影しているので載せていきます。



コモレ四谷 YOTSUYA TOWER

 「YOTSUYA TOWER」はオフィスビルですが、北側と西側に低層棟があり住宅などとなります。



コモレ四谷 YOTSUYA TOWER

 四谷駅とは反対側から見た「YOTSUYA TOWER」です。



コモレ四谷 YOTSUYA TOWER

 四谷では最も高い超高層ビルとなるため四谷の新しいランドマークとなります。



コモレ四谷

 今度は低層部をグルっと一周載せていきます。これは一番四ツ谷駅に近い側で低層部は商業施設の「CO・MO・RE Mall」となります。



コモレ四谷

 どこまでが「CO・MO・RE Mall」となるのかは不明ですがこの辺りの角は住宅となります。



コモレ四谷

 駅と反対側には約3300屬痢屮灰皀譽咾旅場」が整備されます。その広場側の低層棟は階段状にセットバックした外観となります。



コモレ四谷

 こちら側の低層棟は公益施設となります。外階段があるので上まで自由に行けるようになりそうです。



コモレ四谷

 公益施設が入る低層棟の道路側です。こちら側は住宅となります。右側のネットで覆われたちょっと高くなっている箇所は教育施設となります。



コモレ四谷 YOTSUYA TOWER

 「YOTSUYA TOWER」の高層部です。この日は雲が低かったのか霧のような状態だったのかタワークレーンの上の方が薄くなっていました。



コモレ四谷 YOTSUYA TOWER

 市ヶ谷駅前から撮影。今年の梅雨は長く休みの日撮影できるかわからないので、こうした天気でも撮っておかないとネタ切れになりそうです。。

■物件概要■
名称:コモレ四谷 YOTSUYA TOWER
計画名称:(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都新宿区四谷一丁目50番地
用途:事務所、物販店舗、飲食店、共同住宅、大学、集会場、語学学校、付属自動車車庫、郵便局
総戸数:60戸
階数:地上31階、塔屋1階、地下3階
高さ:144.68m(最高144.68m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
敷地面積:17,931.82
建築面積:10,310.07
延床面積:139,593.53
建築主:独立行政法人都市再生機構
事業パートナー:三菱地所・第5メック都市開発特定目的会社(三菱地所、阪急電鉄、太陽生命保険が出資するSPC)
基本設計:日本設計・三菱地所設計
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年9月10日着工〜2020年1月下旬竣工予定