(仮称)丸の内1-3計画

 丸の内で建設中の「(仮称)丸の内1-3計画」(地上29階、最高高さ149.70m)です。「和田倉噴水公園」入り口の橋から撮影しました。

 外壁の取り付け工事も進んでおりかなり外観がわかるようになっています。低層部の鉄骨むき出しの部分の手前には低層のフロアが建設され、完成時にはセットバックした形のビルとなります。



東京銀行協会ビル

 「みずほ銀行前本店ビル」「銀行会館」「東京銀行協会ビル」の跡地で、高層棟のある角地にはこの「東京銀行協会ビル」(地上20階、地下4階、最高高さ88.2m、1993年9月竣工)がありました。



(仮称)丸の内1-3計画

 日比谷通りの北側から撮影。この道路の地下あたりに都営三田線の大手町駅があります。大手町駅は都営三田線の他に東京メトロの丸ノ内線、東西線、千代田線、半蔵門線の大手町駅があります。大手町駅以外でもJR東京駅など色々な駅が徒歩圏にひしめいています。



(仮称)丸の内1-3計画

 「新丸ビル」から見た「(仮称)丸の内1-3計画」です。



(仮称)丸の内1-3計画

 永代通り側から見た「(仮称)丸の内1-3計画」です。



(仮称)丸の内1-3計画

 手前では低層のアネックス棟が建設中です。タワー棟はオフィスフロアしかありませんが、こちらのアネックス棟には店舗フロアも設置されます。



旧みずほ銀行本店ビル(旧日本興業銀行本店)

 このアネックス棟の建設地は村野藤吾作品である「みずほ銀行前本店ビル(旧日本興業銀行本店)」の跡地です。



(仮称)丸の内1-3計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)丸の内1-3計画
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目8番1他
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上29階、塔屋2階、地下4階
高さ:139.945m(最高高さ149.70m)
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,237.35
建築面積:8,650.34
延床面積:180,988.35
建築主:みずほフィナンシャルグループ、全国銀行協会、三菱地所
設計者:三菱地所設計・日本設計・久米設計
施工者:大林・大成・清水建設共同企業体
工期:2018年1月15日着工〜2020年9月30日竣工予定