(仮称)神田錦町二丁目計画

 神田錦町で建設中の住友商事によるオフィスビル「(仮称)神田錦町二丁目計画」(地上21階、最高高さ120.85m)です。上棟しており低層部の外観も一部見えるようになってきています。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 建設地は東京電機大学神田キャンパスと神田警察署等の跡地の神田警察通り沿いです。駅の目の前ではありませんが都営新宿線『小川町駅』徒歩3分、東京メトロ丸の内線『淡路町駅』徒歩3分、東京メトロ千代田線『新御茶ノ水駅』徒歩3分、東京メトロ半蔵門線『神保町駅』徒歩5分、東京メトロ東西線『竹橋駅』徒歩6分、東京メトロ千代田線『大手町駅』徒歩7分、JR各線『神田』駅、『御茶ノ水駅』徒歩10分と様々な駅が徒歩圏の立地です。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 路地を入った反対側から見た「(仮称)神田錦町二丁目計画」です。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 1階が都市型食品スーパーなど店舗フロア、2階が多目的ホール、3階が貸会議室、4階が設備フロア、そして5階〜21階がオフィスフロアとなります。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 窓部分に白い枠がある特徴的なオフィスビルで、これにより総日射量の約70%が削減されるそうです。ただ、高層階でも1日中ブラインドを閉めっぱなしが多い気がします。昔、東京タワーが見えるオフィスで働いたことがあるのですが、ブラインドを開けても即マネージャーに閉められたことを思い出します。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 路地側の低層部では何やらひさしのような部分が建設中でした。屋外イベントに利用できる合計3,600崢兇離ープンスペースが整備されるとのことなのでここもその一部なのかもしれません。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 皇居東御苑の展望台からは頭だけ見えました。撮影時はタワークレーンが1基だけ残っていました。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 これはちょっと古くて2019年4月28日に東京スカイツリーの天望回廊から撮影した「(仮称)神田錦町二丁目計画」です。このときはまだタワークレーンが4基ありました。



(仮称)神田錦町二丁目計画

 少し広角で見るとこのような感じとなっています。そこまで高さのあるビルではりませんが、1フロアが大きなビルなのでそれなりの存在感があります。



(仮称)神田錦町二丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)神田錦町二丁目計画
所在地:東京都千代田区神田錦町二丁目2-1他
用途:事務所・店舗・集会場・自動車車庫等
階数:地上21階、塔屋2階、地下1階
高さ:104.57m(最高高さ120.85m)
構造:鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:9,761.29
建築面積:5,010.67
延床面積:85,351.56
建築主:住友商事
設計者:日建設計
施工者:大林組
工期:2017年5月1日着工〜2020年3月31日竣工予定