虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
イメージパース[出典:東京都]

 森ビルによって「虎ノ門ヒルズ」に建設される「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業)」(地上49階、最高高さ265.75m)の完成予想図です。。仮称を外して記載していますが実際にはまだ正式名称ではなく仮称がついています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
イメージパース[出典:国土交通省]

 右の「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」がA-1街区、左の台形のような形をしたビルがA-2街区で両街区の間の地下が日比谷線新駅の「虎ノ門ヒルズ」駅となります。両街区には駅前広場が整備されるなど新駅を意識したビルにもなるので仮称がそのまま正式名称になっても違和感はありません。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
イメージパース[出典:内閣府]

 「虎ノ門ヒルズ」全体の完成予想図です。最上部が鋭角になっているのが「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)で、その左側が「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)、右側が昨日のブログに載せた「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)です。そして右手前が「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)です。

 また、「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の左下のB街区でが「(仮称)虎ノ門二丁目計画」(地上17階、高さ97.05m)が建設され、右下のA-3街区では「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区」(地上12階、tかあさ59.00m)が建設されます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
概要図[出典:国土交通省]

 各棟の断面図です。建築物番号1が「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」で低層部は商業施設とホテルとなり中高層部はオフィスフロアとなります。そして最上部はビジネス発信拠点となります。

 建築物番号2はA-2街区のことで商業施設となり、建築物番号3はA-3街区のことで店舗、住宅、事務所が入る複合ビルとなります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
配置図[出典:内閣府]

 各街区はこのような配置となっています。A-3街区の左側は「新虎の門病院」でペデストリアンデッキで接続されます。A-2街区の右側は「虎ノ門ヒルズ 森タワー」で幅のあるデッキで接続されます。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の建設地です。現在は既存ビルの解体工事が続いています。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 既に解体が始まっているビルもあれば、解体用の足場を組んでいる途中のビルもありました。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 この辺りのビルの解体が終わると一時的に空が広くなり今まで見えなかった景色が見えてきます。毎回のように書いていますが、解体されて再び建設が始まるまでの期間しか見られない景色を見るのも再開発ウォッチの醍醐味の一つです。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 見に行くたびに解体工事が進んでビルが低くなっていっているのがわかります。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 右奥に見えるのが「新虎の門病院」です。そこまでペデストリアンデッキで接続されます。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 複数のビルが同時に解体されて行く様子はこれはこれで迫力があります。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 このあたりはA-1街区で「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が建設される場所のため、そのうちこの路地は廃道となり通れなくなります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 解体されたビル越しに「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」が見えました。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-2街区

 A-2街区の建設地でも既存ビルの解体工事が始まっています。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区

 A-3街区の建設地でも既存ビルの解体工事が始まっていました。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-4街区

 公園が整備されるA-4街区でも既存ビルの解体工事が始まっています。早々と公園を整備するとは思えないので、しばらくはプレハブ事務所、資材置き場、工事用の駐車場など何か工事に関係する一時的な場所として利用することになるかと思います。



(仮称)虎ノ門二丁目計画B街区

 B街区は駐車場だった場所ですが今は仮囲いが設置されていました。A-1街区〜A-4街区は森ビルが建築主で2023年7月15日〜11月30日竣工予定ですが、ここB街区は東洋海事工業が建築主で一足早い2022年1月20日の竣工予定となっています。


虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区 建築計画

 A-1街区の建築計画のお知らせです。他の街区の建築計画や概要は省略します。

■物件概要(A-1街区)■
事業名:虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目11番1外
用途:事務所、店舗、ホテル、集会場、駐車場等
階数:地上49階、塔屋1階、地下4階
高さ:264.00m(最高265.75m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎・杭基礎併用
敷地面積:9,907.59
建築面積:8,079.79
延床面積:238,642.82
事業者:虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合
建築主:森ビル
設計者:森ビル
施工者:鹿島建設
工期:2019年11月25日着工〜2023年7月15日竣工予定