パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 武蔵小山駅前で建設中のタワーマンション「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。

 左に見える建物が東急目黒線「武蔵小山」駅で敷地から駅のある建物まで10秒くらい?の超駅前物件です。そして改札は1フロア降りるとあり、そしてその改札階から1フロア降りると駅のホームのため実際に電車に乗るまでもかなり近いです。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 まだ低層部などは工事中ですが外観はほぼ完成していますが竣工予定は2020年1月上旬となっています。

 総戸数は624戸でそのうち事業協力者戸は137戸となっています。いつも思うのですが地権者住戸の位置ってどうやって決めているんですかね?物件によってはあちこちのフロアにあったり、低層階や高層階にまとめたり色々見かけます。もし自分が地権者なら狭くてもいいから高層階にしろと駄々をこねます(笑)



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 共用施設として屋上にはスカイテラスが整備されます。この右側が都心方面となりますが、そこでは「シティタワー武蔵小山」(地上41階、高さ144.504m)が建設中です。そのため都心側以外が眺望のメインとなりそうです。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 超高層棟の隣には低層棟も建設中です。両棟の低層部は商業施設(ザ モール)となり、低層棟の3階部分には駅前を見渡せる屋上庭園(ザ テラス)も整備されます。

 右側のアーケード街は「パルム商店街」で全長800mもあります。このアーケード街を端から端まで行ったことはありませんがいつも大勢の人で賑わっています。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 別角度から見た低層棟です。ここにはちょっとした広場(ザ プラザ)も整備されます。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 「パルム商店街」からも外観が見えるようになっていました。上を見るとアーケードと建物の間に隙間が見えますが、雨とかは防げる構造になっているんですかね?



パークシティ武蔵小山 ザ タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値は公式HPを優先しています。

■物件概要■
名称:パークシティ武蔵小山 ザ タワー
計画名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:624戸(販売総戸数487戸、事業協力者住戸137戸含む)
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,000.11
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員(売主):三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2020年1月上旬竣工予定
入居:2020年4月上旬予定