(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅の南西側の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。現地看板を撮影しました。

 左の超高層オフィスビルが地上39階、高さ179.97mとなるA街区、右の高層部がマンションとなっているのが地上29階、高さ133.00mとなるB街区です。そして右端の低層の建物が教会となるC街区です。参加組合員として東急不動産が参画しています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
イメージパース[出典:東急不動産]

 以前の完成予想図です。こうして見比べてみると色々と変更されています。これが最終型ではなく完成する頃にはさらなる変更が入っているかもしれません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
配置計画図[出典:東急不動産]

 A-1棟が一番渋谷駅に近く西口国道デッキで駅直結となります。また、A棟とB棟の間には新しい道路も整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 現在は騎攻茵銑験攻茲吠けて既存建物の解体が行われています。軍攻茲29と30の間の道路は残っていますが、その他の道路は廃道して封鎖し一気に解体工事が行われています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅西口にある歩道橋から見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」です。このように既存ビルの解体工事が行われています。この辺りのビルが解体されると背後にチラッと高層部だけ見えている「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)がキレイに見えるようになりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 その「渋谷ストリーム」から見た解体工事の様子です。解体工事が終わるとここからの景色もかなり変わりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 タワークレーンの背後がB街区方面となります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 埼京線のホームから見た既存建物解体中の「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 解体用の足場が組まれているヤマハのビルです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 背後のビルは今回の再開発には含まれていないビルです。将来的には「ネクスト渋谷桜丘地区再開発」が始まりますがその再開発にも含まれていません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 山手線の渋谷駅に近い側です。左側に重機が見えていますが…



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 最初の解体写真を撮影した歩道橋から見るとこのように見えます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 近くから撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 坂の上から見た同方向です。ここの解体が終わったときの景色はどんな感じになるんでしょうね?背後に見えている「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)がキレイに見えそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 ヤマハのビルです。解体中のビルの中では大きなビルですが道路に接しているのはここの部分だけかと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 あちこちで解体が進んでいます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅からは一番遠い場所で教会となるC棟の建設地あたりです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 仮囲いの中を覗くとこのような感じでした。街区を閉鎖して一気に解体は早いですね。こういった地権者が多そうな再開発を見るたびに、よくこれだけの地権者をまとめられたものだと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町5-2,5-3,13-3,13-5 他
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定