虎ノ門ヒルズ

 「世界貿易センタービル」の展望台から見た森ビルの「虎ノ門ヒルズ」方面です。「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)を中心に左側には「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)、右側には「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)が建設中で、もうすぐ背後では「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)の建設が始まります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 そんな中から「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)にズームです。ようやく低層部が見えてきた段階ですが、完成時の高さ221.5mはタワーマンションとして高さ日本一となります。

 ただ同じ森ビルの大規模再開発「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」によって建設される地上64階、高さ262.81mと地上54階、高さ237.20mのタワーマンションに抜かれます。レジデンシャルタワーは2021年1月完成予定で、虎ノ門・麻布台地区は2023年3月完成予定のため日本一の座にいるのは約2年間だけとなります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」越しに見た「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」です。「世界貿易センタービル」からの眺めは4月28日撮影でしたが現地の写真は5月12日撮影です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 階段を登ったところから撮影。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 緑が多くビルの上らしくない景色となっています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 端に行けばこうして「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」全体を見ることができます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 低層部ではガラスの取り付けも始まっています。家賃100万以上、分譲価格10億円以上の部屋を相当数想定しているとのことですが、低層フロアもそういった部屋が用意されるんですかね。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 愛宕神社へ続く道路から撮影。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 その道路を登ったところから見た様子です。前は木があったと思うのですが見通しが良くなっています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 隣の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」とはこの位置からペデストリアンデッキで接続され、そのまま愛宕山まで繋がります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 そんな愛宕山を登ったところから撮影。久しぶりに上まで登ってみましたが木々の隙間から少しだけ見えるようになっていました。ここから3倍くら高くなることを考えると数カ月後にはここも定番の撮影スポットとなっていそうです。ここから見ると隣の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」より高く見えそうです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 その「虎ノ門ヒルズ 森タワー」のオーバル広場から見た「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 銀座線「虎ノ門」駅方面の路地からはこのように道路の正面に見えます。ただ、ここからは東京タワーが見える場所でしたがもうすぐ見えなくなります。ちなみに銀座線「虎ノ門」駅から地下通路で「虎ノ門ヒルズ」が繋がり、そして日比谷線新駅の「虎ノ門ヒルズ」駅とも繋がります。そのためレジデンシャルタワーからも両駅へ道路を渡ることなく行けるようになります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の下には道路が通っているのですが、その道路の出入口越しからもだいぶ見えるようになってきました。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の隣の路地から撮影。高さ221.5mとなる頃にはもっと離れた場所から撮影しないと全体が撮れなさそうです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
完成予想図[出典:森ビル]

 1階〜3階が店舗・スパ・子育て支援施設、4階〜11階がサービスアパートメント、12階〜54階がレジデンスとなります。総戸数は約550戸で分譲と賃貸があるとのことです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ

 草が入ってしまいましたが建築計画のお知らせです。完了予定が平成33年から令和3年に訂正されていましたが、建築面積と延べ面積は相変わらず切りの良い数値のままです。こんなピッタリってことはないと思うのですがずっと数値は修正されていません。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定