幕張ベイパーク スカイグランドタワー
完成予想図[出展:公式HP]

 幕張で建設中のタワーマンション「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」(地上48階、高さ172.40m)の完成予想図です。地上48階は千葉県最高層のタワーマンションとなります。

 売主は三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業と複数のデベロッパーが名を連ねています。



幕張ベイパーク スカイグランドタワー
完成予想図[出展:公式HP]

 千葉県最高層かつ最も高い建物はこの完成予想図の中央奥に見える「アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>」(地上49階、最高高さ180.82m)です。「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」は千葉県で2番目に高い建物となります。



幕張ベイパーク
完成予想図[出展:公式HP]

 「幕張ベイパーク」は一つの大きな街で「若葉3丁目公園」を中心に6棟のタワーマンションなどが配置されます。左側は既に完成して入居も始まっている「幕張ベイパーク クロスタワー」(地上37階、高さ132.89m)です。当初の計画と変わりなければ残り4棟のうち3棟は「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」と同じような規模となります。



幕張ベイパーク スカイグランドタワー

 近くから見た「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」(地上48階、高さ172.40m)です。低層階部分が地上からも見えるようになっていました。



イオンスタイル幕張ベイパーク

 すぐ目の前では「イオンスタイル幕張ベイパーク」もオープンしています。



イオンスタイル幕張ベイパーク

 VILLAGE 1〜4までの4棟の商業施設がオープンしています。今後は海浜幕張駅に近い側も整備されていくことになります。



幕張ベイパーク

 そのは海浜幕張駅側から見た「幕張ベイパーク」方面です。左が「幕張ベイパーク クロスタワー」(地上37階、高さ132.89m)で右のタワークレーンが「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」(地上48階、高さ172.40m)です。



幕張ベイパーク

 反対側の「若葉3丁目公園」から見た様子です。


幕張ベイパーク スカイグランドタワー

 幕張のタワーマンションと言えば左に見えている「セントラルパークウエスト・シータワー」(地上32階、高さ108m)と「セントラルパークイースト・幕張パークタワー」(地上33階、高さ110.342m)でしたが、これからは「幕張ベイパーク」に変わりそうです。



幕張ベイパーク スカイグランドタワー

 近くから撮影。撮影時点で5階くらいでしょうか?



幕張ベイパーク スカイグランドタワー

 右側に見えている「幕張ベイパーク クロスタワー」はプレキャストコンクリートであっという間に伸びて行きましたがここも同じような感じになりそうですね。



幕張ベイパーク スカイグランドタワー

 幕張は街区が広くて撮影しやすい場所なのでついつい撮り過ぎてしまいます。これでも載せる写真は結構削っています。



幕張ベイパーク スカイグランドタワー

 「幕張ベイパーク」全体が完成するのが何年後になるのかわかりませんがしばらく幕張に通うことになりそうです。アジア圏だとこれくらいなら一気に全棟建ててしまうので通う回数が減って楽そうなんですけどね(笑)



幕張ベイパーク スカイグランドタワー

 京葉線の高架下から見た「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」です。48階建てなので最上階に達す頃にはこの写真に入り切らない高さとなります。



幕張ベイパーク

 最寄り駅の「海浜幕張」駅前の商業施設から見た「幕張ベイパーク」方面です。将来的にはこの方向に6棟のタワーマンションが見えるようになります。

■物件概要■
名称:幕張ベイパーク スカイグランドタワー
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-1(地番)
用途:共同住宅、店舗、駐車場
総戸数:826戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:172.40m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、免震構造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:24,726.00
建築面積:10,041.90
延床面積:95,689.86
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年1月15日着工〜2020年12月下旬竣工予定
入居:2021年3月下旬入居予定