日本橋室町一丁目地区
イメージパース[出展:内閣府]

 2019年4月23日に第15回 東京都都市再生分科会が開催され、国家戦略都市計画建築物等整備事業の「八重洲一丁目北地区」と「日本橋室町一丁目地区」の資料が公開されました。昨日は地上45階、高さ235mとなる「八重洲一丁目北地区」を載せたので今日は「日本橋室町一丁目地区」を載せていきます。

 「日本橋室町一丁目地区」は地上36階、地下4階、高さ180m、全体で延べ面積116,950屬箸覆訛腟模再開発です。超高層棟のA街区と低層棟のB街区、C街区、D街区の4街区で構成されており、A街区は2022年度着工、2026年度竣工、B〜D街区は首都高地下化が絡むため2028年度以降の予定となっています。

▼第15回 東京都都市再生分科会 配布資料
資料6 都市再生特別地区(日本橋室町一丁目地区)都市計画の概要



日本橋室町一丁目地区
断面イメージ[出展:内閣府]

 A街区の低層部は店舗フロア、中層部はオフィスフロアとなります。そして高層部は約100戸(約50屐130屬鯀枋)の国際水準の住宅となります。外国人の居住を想定しているためコンシェルジュは24時間、多言語対応となります。

 B・C・D街区はA街区とは離れた場所の日本橋側沿いで地上3階、高さ約15mの低層の店舗となります。



日本橋室町一丁目地区
整備平面イメージ[出展:内閣府]

 配置図はこのようになっており、D街区の下が首都高地下化のルートになっていることがわかります。また、A街区に貫通通路と書かれた場所がありますが、これは現在道路が通っている場所ですが再開発後は歩行者空間となります。



日本橋室町一丁目地区
むろまち小路イメージ[出展:内閣府]

 その貫通通路部分の完成予想図です。営業時間外も通れる通路となるようです。



日本橋室町一丁目地区
イメージパース[出展:内閣府]

 中央通りから見た低層部の完成予想図です。昔は百尺規制という高さ31m制限があり古いビルはその規制に合わせた高さ31mとなっています。この辺りはその高さ31mラインでセットバックして高さ31mラインを作って統一感のある街並みにしています。ここも他の再開発ビルと同じく高さ31mでセットバックすることになるようです。



日本橋室町一丁目地区
イメージパース[出展:内閣府]

 裏側の路地から見た完成予想図です。



日本橋室町一丁目地区
イメージパース[出展:内閣府]

 B街区、C街区、D街区の完成予想図です。首都高地下化が前提で日本橋側沿いに低層の商業施設が建ち並びます。



日本橋室町一丁目地区
イメージパース[出展:内閣府]

 このように日本橋川沿いを歩けるようになるのはいいですね。ただ完成は10年以上先だと思います。



日本橋室町一丁目地区
首都高地下化ルート[出展:内閣府]

 このようにD街区の真下とC街区の一部の地下がルートとなっています。そのため日本橋側沿いは低層の建物だけとなります。



日本橋室町一丁目地区
位置図[出展:内閣府]

 「日本橋室町一丁目地区」の位置図です。この図には既に完成している再開発もピンク色の網掛けとなっていますが、色々な再開発が進行中、計画中です。これら全部の再開発が完了するとどんな超高層ビル群になっているんでしょうね?ただ、次から次へと再開発が湧いてくるので再開発が完了することはないのかもしれません。



日本橋室町一丁目地区の空撮

 2019年1月27日にセスナから撮影した「日本橋室町一丁目地区」の空撮です。赤色の網掛けをした部分が計画地で、超高層ビル群側がA街区、首都高沿いがB〜D街区となります。そのB〜D街区の右側では地上51階、高さ約287mとなる「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。



日本橋室町一丁目地区の空撮

 あまり計画地は写っていませんが別角度からの空撮です。写真下の緑色の屋根の低層の建物は「日本銀行本部」です。ここ以外は将来再開発があっても不思議ではないと思っています。



日本橋室町一丁目地区

 地上から見た「日本橋室町一丁目地区」のA街区(地上36階、高さ180m)の建設地方面です。奥の高層ビルの手前から大黒屋が入るビルまでが計画地です。



日本橋室町一丁目地区

 この角地のビルは再開発には含まれていませんが、この道路を渡って右側の低層部のビルは再開発に含まれます。今度はちゃんと右側のビルも写るように撮ってきます(^^;)

■物件概要(A街区)■
計画名:日本橋室町一丁目地区
所在地:東京都中央区日本橋室町1丁目5、6、8の一部
用途:事務所、住宅、店舗
総戸数:約100戸
階数:地上36階、地下4階
高さ:約180m
敷地面積:約4,800
延床面積:約114,500
建築主:日本橋室町一丁目地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、清水建設
コンサルタント:日建設計
工期:2022年度着工〜2026年度竣工予定