(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画
完成予想図[出展:建設通信新聞]

 京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅近くに建設中の「(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画」(地上17階、高さ82.62m)の完成予想図です。

 既に記事は見れなくなっていますが去年の6月に建設通信新聞Lに掲載されたときの情報によると、2〜4階が事務所、6〜7階に大・中会議室など、そして9〜17階に宿泊室300室を整備し新人教育や社員研修に対応するとのことでした。



(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

 「(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画」(地上17階、高さ82.62m)の建設地です。高層となるのは手前側となります。右側の白いビルは京王電鉄本社です。



(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

 京王線の車内から撮影。奥が高層、手前が低層、右側が駐車場となります。このさらに右側が今朝のブログに載せた「(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクト A敷地」(地上33階、高さ112.24m)の建設地があります。



(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

 地上から撮影。



(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

 仮囲いの中を覗くとこのようにキレイなコンクリートの床となっていました。



(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

 重機が見当たらなかったのですが今はどんな工程なんでしょうね?2021年10月31日の竣工予定となっています。



(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画
所在地:東京都多摩市関戸1丁目7番2
用途:事務所(研修所)・寄宿舎
階数:地上17階
高さ:82.62m
構造:鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,573.48
建築面積:3,892.75
延べ面積:25,436.70
建築主:あいおいニッセイ同和損害保険
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2018年6月15日着工〜2021年10月31日竣工予定