(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業
三田三・四丁目地区再開発 完成予想図[出典:東京都都市再生分科会]

 田町駅から高輪ゲートウェイ駅方面に行ったところに住友不動産によって建設される「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上42階、高さ215m)の完成予想図です。場所は東京タワーがキレイに見えることでも有名な「札の辻交差点」の角地です。

 「札の辻交差点」にはL字型の歩道橋がありますが、完成予想図を見てわかる通り歩道橋は延長?架替え?されます。三田エリアと芝浦エリアの歩行者ネットワークが強化されます。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業
配置図[出典:東京都]

 複合棟1が地上42階、高さ215mの超高層オフィスビルで、複合棟2が幼稚園・学校となります。広場1号の場所には聖徳学園があるので、その移転先が複合棟2になるものと思われます。計画地は傾斜地となっており、丘の上には住宅棟1(地上9階、高さ31.5m)、住宅棟2が建設されます。

 左下の「三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)は同じ住友不動産のビルで、今回の再開発によって連続した緑地が整備されます。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業
断面図[出典:東京都]

 複合棟1の地下に店舗スペースがあるようですが純粋なオフィスビルといった感じになります。眺望はここに入居した企業だけのものになります。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業
イメージパース[出典:東京都]

 この完成予想図を見ると中間部くらいに何かあるので、中間フロアにスカイロビーも設置されるのかもしれません。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業

 「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。背後の高台にあるマンションも解体されます。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業

 着工は4月下旬予定ですが何か工事が行われています。未だに解体工事から建設工事に切り替わるタイミングがよくわかりません。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業

 計画地にあるこの2棟のビルももうすぐ解体されます。現地には解体工事のお知らせが設置されおり、解体工期は2019年3月22日〜2019年12月31日までとなっています。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業

 敷地の大部分は駐車場として利用されていたので更地になるのは早いかと思います。右に見切れているのが聖徳学園で、たぶん複合棟2が建設されると移転し解体になるのかなと思っています。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業

 この辺りが複合棟2の建設地となります。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業

 高台から見た「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。かなり広い敷地です。


(仮称)東京三田再開発プロジェクト オフィスタワー

 現地には「(仮称)東京三田再開発プロジェクト オフィスタワー」として看板も既に設置されていました。名称が決定するまではこの名前で呼ばれることになりそうです。


(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。高さ200mを超えるビルは数値を見るだけで楽しみになります。

■物件概要(複合棟-1)■
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下2階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:200,540
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:未定
工期:2019年4月下旬着工〜2023年10月下旬竣工予定