(仮称)LGグローバルR&Dセンター
完成予想図[出展:横浜市都市整備局]

 みなとみらい21中央地区55-1街区で計画されている「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」の完成予想図です。当初の計画では地上18階、高さ92.1m、延床面積36,775屬之弉茲気譴討い泙靴燭、現地に建築計画のお知らせが設置され、地上16階、高さ89.935m、延床面積35,897.46屬半しだけ規模縮小となっていました。また、当初の計画では2018年10月着工、2021年4月オープンでしたが、2019年6月15日着工、2021年11月30日完了予定と少し後ろへずれています。

 フロア構成は当初の計画とほぼ変わらずだと思うので事業予定者決定時の情報を転載しておきます。3〜17階のどこか1フロアが減っただけかと思います。

1階 エンターテイメント施設、体験型施設
2階 複合コミュニケーション施設、オープンイノベーションルームデジタル工房
3〜12階 融合・複合型の研究室・実験室
13〜17階 事務所
18階 機械室


(仮称)LGグローバルR&Dセンター

 2019年1月27日のみなとみらい21の空撮です。写真中央やや下の赤い網掛けをした部分が「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」の建設地です。


(仮称)LGグローバルR&Dセンター

 地上から撮影。この角地が建設地です。2013年10月に閉鎖した「横浜BLITZ」があった場所の向かい側です。最寄り駅はみなとみらい線「新高島」駅ですが「横浜」駅も徒歩圏です。


(仮称)LGグローバルR&Dセンター

 今はこのように草原となっていますが数カ月後には着工予定です。


(仮称)LGグローバルR&Dセンター 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)LG Global R&D Center 建設プロジェクト
所在地:神奈川県横浜市西区高島1丁目2番81(55-1街区)
用途:展示場、事務所、研究所
階数:地上16階、塔屋1階、地下2階
高さ:89.935m
構造:CFT造、S造(一部SRC造)
敷地面積:4,000.23
建築面積:2,493.00
延床面積:35,897.46
建築主:LG Holdings Japan
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2019年6月15日着工〜2021年11月30日竣工予定