虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:内閣府]

 虎ノ門と麻布台に森ビルと日本郵便によって建設される「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。商標ウォッチというサイトによると「虎ノ門麻布台ヒルズ」と「虎麻ヒルズ」が森ビルより出願されたようなので、正式名称が「虎ノ門麻布台ヒルズ」、略称が「虎麻ヒルズ」となりそうです。

 そんな「虎ノ門麻布台ヒルズ」の建設現場では建築計画のお知らせが設置されたのですが、まずは軽く概要を載せておきます。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:内閣府]

 A街区は地上64階、高さ325.24mで2023年3月の完成時には高さ日本一の超高層ビルとなります。2027年度には「東京駅前常盤橋プロジェクト」によって建設される地上61階、高さ390mの超高層ビルに高さ日本一の座は渡すことになります。ただ、A街区の高層部は住宅フロアとなるため住宅としては高さ日本一となります。

 B-1街区は地上64階、高さ262.81mのタワーマンション、B-2街区は地上54階、高さ237.20mで低層部にホテルが入るタワーマンションとなります。これはタワーマンションとしては高さ日本一となり、地上64階という階数でもタワーマンションとしては日本一となります。

※ タワーマンションの正確な定義は不明ですが、当ブログでは建物の半分以上が住宅フロアの場合にタワーマンションとして扱っています。そのためA街区はタワーマンションとしては扱いません。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:内閣府]

 敷地はこのようになっておりA街区は麻布郵便局の跡地となります。六本木一丁目駅に近い側がB街区でタワーマンションが配置され、神谷町駅に近い側はC街区として低層の建物が配置されます。また、再開発により新しい道路が整備され孤立していた場所だったのが大きく変わります。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
歩行者ネットワークイメージ[出典:内閣府]

 同再開発では地下通路も整備され神谷町駅から六本木一丁目駅まで接続されます。


虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
 東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。あちこちで既存建物の解体工事が始まっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 街区図
 同じような方向から見た街区図はこのようになっています。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区 建築計画
 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 A街区」の建築計画のお知らせです。今までの情報では地上65階、高さ約323mでしたが地上64階、高さ325.24mなっています。施工者は清水建設で今年の夏には着工し4年後の2023年3月31日には竣工予定となっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区
 東京タワーから見た建設地となる「麻布郵便局」です。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区
 このように既に解体工事が始まっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区
 正面の外観はまだ見ることができましたがもうすぐ見れなくなりそうです。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 A街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目314番3外
用途:共同住宅・事務所・店舗・各種学校・駐車場等
階数:地上64階、地下5階
高さ:325.24m(最高325.24m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎(一部場所打ちコンクリート杭基礎)
敷地面積:24,104.21
建築面積:15.589.10
延床面積:461,291.89
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区 建築計画
 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-1街区」の建築計画のお知らせです。こちらは今までの情報通りで詳細な数値になっただけで地上64階、高さ262.81mなっています。こちらの施工者は三井住友建設で今年の秋には着工し4年後の2023年3月31日には竣工予定となっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
 東京タワーから見た建設地方面です。あちこちで解体工事をしているのがわかりますがB-1街区は写真上の方です。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
 この辺りがB-1街区となります。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
 奥の白いマンションあたりかがB-1街区です。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
 周辺には高さ200mを超す超高層ビルが建っていますが、その高さを超えるタワーマンションがこの場所に建設されます。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-1街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目32番6外
用途:共同住宅・事務所・店舗・保育所・駐車場等
階数:地上64階、地下5階
高さ:262.81m(最高262.81m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,648.39
建築面積:6.311.38
延床面積:185,227.65
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:三井住友建設
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区 建築計画
 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-2街区」の建築計画のお知らせです。今までの情報では地上53階、高さ約233mでしたが地上54階、高さ237.20mとなっています。施工者は清水建設で今年の夏には着工し4年後の2023年3月31日には竣工予定となっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 B-2街区は長細い街区で高台にある道路沿いの敷地となります。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 このようにあちこちで解体工事が行われています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 B-1街区よりは低いタワーマンションとなりますが周辺の超高層ビルよりも高くなります。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 今はこうして建設予定地内を歩くことができますがもすうぐ閉鎖されるかと思います。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 見に行くなら今のうちに行っておいた方が良いかもしれません。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-2街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目12番、13番外
用途:共同住宅・ホテル・店舗・集会場・駐車場等
階数:地上54階、地下5階
高さ:237.20m(最高237.20m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,467.87
建築面積:8.191.56
延床面積:169,340.95
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-1街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-1街区 建築計画
 C-1街区の建築計画のお知らせです。ここからは超高層ではないので詳細は省略します。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-1街区
 低層ですが延べ面積は10,669.64屬竜模があります。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区 建築計画
 C-2街区の建築計画のお知らせです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区
 延べ面積が32,057.06屬竜模となります。神谷町駅側からきたときの入り口の顔となる建物となりそうです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-3街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-3街区 建築計画
 C-3街区の建築計画のお知らせです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-3街区
 赤いビルあたりがC-3街区かと思います。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-4街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-4街区 建築計画
 C-4街区の建築計画のお知らせです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-4街区
 この高台側がC-4街区となります。