ハレザタワー
 2019年1月27日にセスナから撮影した池袋の超高層ビル群の空撮です。右上がJR「池袋」駅で左上の白い超高層ビルが「サンシャイン60」(地上60階、最高高さ239.7m)です。そして中央やや右が「Hareza池袋ハレザ池袋)」のオフィス棟「ハレザタワー」(地上33階、高さ158.28m)です。

ハレザタワー
 「ハレザタワー」にズームです。建設地は「豊島区庁舎」跡地で70年の定期借地権が付いています。

ハレザタワー
 2019年2月16日に「サンシャイン60」の展望台から見た「ハレザタワー」です。

ハレザタワー
 高層部にズームするとビル本体より細い鉄骨を組んでいるので塔屋の建設が始まっているようでした。

ハレザタワー
 地上から見上げた様子です。

ハレザタワー
 明治通り沿いから撮影。

ハレザタワー
 低層部はTOHOシネマズによる10スクリーン約1700席のシネコンとなります。そして7階がオフィスロビーとなり8階〜32階がオフィスフロアとなります。オフィスフロアは1フロア約500坪の広さとなります。

ハレザタワー
 リニューアル工事中の「中池袋公園」越しに見た「ハレザタワー」です。

Hareza池袋(ハレザ池袋)
 隣では「ホール棟」と「としま区民センター」も建設中です。この3つの建物と「中池袋公園」を含めたものが「ハレザ池袋」です。

 真ん中に位置するホール棟の建設地は「豊島公会堂」跡地で新ホールとして1300席の芸術文化劇場、ポニーキャニオンが運営するライブ劇場、ドワンゴが運営するサテライトスタジオ、そして入り口には大階段状のイベント空間となるパークプラザが設置されます。

 としま区民センターには約500人を収容可能な多目的ホール、約160人を収容可能な小ホールが設置されます。

 グランドオープンは2020年夏の予定となっています。

■物件概要■
名称:ハレザタワー(ハレザ池袋 オフィス棟)
計画名:(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番1
用途:事務所、映画館、集会場、店舗、駐車場
階数:地上33階、地下2階
高さ:158.28m
構造:S造+RC造+SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,619.67
建築面積:2,194.10
延床面積:68,605.39
事業者:東京建物、サンケイビル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年5月31日竣工予定