(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
イメージパース[出展:横浜市]

 横浜みなとみらい21の中央地区37街区で計画されている「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」(地上28階、高さ150m)の完成予想図です。

 場所は住宅展示場がある場所と言えばわかるでしょうか。元々は三菱重工が所有していた土地で「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区II期棟計画」として高さ160m程度の超高層ビルが計画されていましたがその土地はケネディクスに売却されました。そしてパナホーム、ケネディクス、鹿島建設の3社が出資する合同会社KRF48によって今回の再開発計画に至っています。


(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
施設断面図[出展:横浜市]

 このように18階までがオフィスフロア、19階が機械室、そして20階からがホテルとなる計画となっています。


(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
施設断面図[出展:横浜市]

 ホテル部はセットバックしており高さ約105m以上が客室となります。


(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
施設配置図[出展:横浜市]

 配置図上側が海側で下側が陸側となります。


(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
 「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」(地上28階、高さ150m)の建設地の空撮(2019年1月27日撮影)です。「三菱重工横浜ビル」(地上33階、高さ151.9m)の隣に同じくらいの大きさの超高層ビルが建つことになります。右下で建設中の建物は「ぴあMMアリーナ(仮称)」です。

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
 「横浜ランドマークタワー」の展望室から見た「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」です。このように少しだけ敷地が見えます。

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
 ただ、このように「三菱重工横浜ビル」が遮るように建っているので完成してもほとんど見えなさそうです。

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
 地上から見た「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」の建設地です。

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
 今はまだ住宅展示場として稼働しています。

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
 現地には建築計画のお知らせが設置され、それによると2019年10月1日着工となっています。

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
 そのため戸建てとみなとみらいの超高層ビル群といった光景が見られるのは夏か秋頃までかと思います。

みなとみらいの超高層ビル群
 最後にみなとみらいの超高層ビル群の空撮です。一時期は空き地ばかりでしたがかなり減ってきましたね。

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが鹿島建設になるかと思います。

■物件概要■
名称:(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目3番地
用途:事務所・ホテル・店舗・駐車場
階数:地上28階、地下1階
高さ:150m
構造:SRC造(一部RC)、S(一部CFT柱)造
敷地面積:10,100
建築面積:6,200
延床面積:123,000
建築主:合同会社KRF48(パナホーム、ケネディクス、鹿島建設)
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定