シティタワー大阪本町
完成予想図[出展:住友不動産]

 大阪の堺筋本町駅近くに建設される住友不動産の免震構造のタワーマンション「シティタワー大阪本町」(地上48階、高さ165m)です。公式HPにはまだ全体の完成予想図は掲載されていませんが、着工のニュースリリースに完成予想図が掲載されています。シティタワーらしい黒を使ったデザインです。

▼住友不動産:ニュースリリース(2019年1月17日)
単独事業主で市内最大 大阪の中心地に誕生する全854戸・地上48階建て超高層免震タワー「シティタワー大阪本町」着工


シティタワー大阪本町
完成予想図[出展:住友不動産]

 低層部です。10mを超えるガラス貼りのエントランスです。総戸数は854戸で大阪市で単独売主としては最大規模とのことです。


シティタワー大阪本町

 ちょっと古いですが約5年前の空撮です。赤色を付けた部分が「シティタワー大阪本町」の建設地です。「堺筋本町」駅まで徒歩3分、「本町」駅まで徒歩5分といった立地です。白い超高層ビルは「大阪国際ビルディング」(地上32階、高さ125.11m)でこれよりも大きなタワーマンションとなります。


シティタワー大阪本町
 約2ヶ月前に撮影した「シティタワー大阪本町」の建設地です。撮影時は地下躯体解体の工事が行われていましたが今年の1月7日に着工しています。

シティタワー大阪本町
 建設地の東側には「りそなグループ大阪本社ビル」(地上24階、高さ121m)が建っています。また奥に見えるのは同じ住友不動産の「シティタワー大阪」(地上50階、高さ169.8m)で、これと同じくらいの高さのタワーマンションがこの場所に建設されます。

シティタワー大阪本町
 このように南側と東側に超高層ビルが建っています。

シティタワー大阪本町
 ビル好きとしては一番眺めが良さそうな梅田方面は今のところ視界は開けています。ただ梅田方面は北側となります。個人的には日当たりは全く気しないので常時順光となる北向きは好きです。

シティタワー大阪本町 配置図
 配置図です。このように四方の道路は広くありませんが、大阪はこうした場所に数多くタワーマンションが建っています。

シティタワー大阪本町 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。数値は公式HPの値を優先して記載しています。2019年9月下旬から販売開始予定です。

■物件概要■
名称:シティタワー大阪本町
計画名:(仮称)備後町計画
所在地:大阪府大阪府大阪市中央区備後町2丁目
用途:共同住宅、一部店舗
総戸数:854戸
階数:地上48階、塔屋2階、地下1階
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
敷地面積:5,594.24
建築面積:3,308.51
延床面積:88,188.90
建築主:住友不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月17日着工〜2021年11月中旬竣工予定
入居:2022年3月上旬予定