(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 浜離宮恩賜庭園の目の前で建設中の「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」(地上26階、高さ120m)です。1階〜4階が商業施設、5階〜14階がオフィス、そして16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。

 日本ホテルはJR東日本グループのフラッグシップホテル会社で「ホテルメトロポリタン」シリーズ、「ホテルメッツ」シリーズがあります。ここのホテルは「メトロポリタン」シリーズになるかと思います。また、商業施設はJR東日本グループのアトレが運営します。人通りはそれほど多くなくJRの駅前でもない場所で集客できるのか注目です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の建設地は芝弥生会館、JR東日本社宅、アートセンター四季劇場(春・秋)などの跡地でゆりかめも沿いの横長の敷地で、高層棟の隣で建設中の劇場棟には再び劇団四季が入ります。

 右側で建設中の大きな超高層ビルは昨日のブログに載せた「(仮称)竹芝地区開発計画」(地上40階、高さ208.83m)です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 その「(仮称)竹芝地区開発計画」の業務棟と住宅棟の間から見た「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 最寄り駅となるゆりかもめ「竹芝」駅前から見た様子です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 目の前から撮影。最上階の26階まで鉄骨が組まれています。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 ゆりかめもの高架越しに見た様子です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 ここに入るホテルからはどんな景色なんでしょうね。浜離宮恩賜庭園側の部屋が高いとかあるんですかね。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 高さ35mの駐車場棟です。隣の劇場棟は高さ45mなのでこれよりも高くなります。

竹芝
 約1ヶ月前にフジテレビの球体展望室から見た竹芝の超高層ビル群です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」にズームです。撮影時は23階まで建設が進んでいました。最上階でも海はあまり見えなさそうな感じですが、ここは1枚目の写真の通り浜離宮恩賜庭園の目の前なのでメインの眺望はそちら側ですね。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
イメージパース[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
配置図[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
断面図[出典:JR東日本]

■物件概要■
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定