佃2丁目地区の完成予想図
佃2丁目地区の完成予想図[[出展:愛する月島を守る会]

 「佃2丁目地区」で再開発が検討されていることが建設通信新聞の記事と愛する月島を守る会のfacebookで判明しました。「佃2丁目地区」で検討している再開発は大規模商業施設にタワーマンション、そしてホテルを併設した複合施設となっています。現在はまだ準備組合の設立を目指している段階で、三菱地所グループと佐藤総合計画が参画しています。

 階数や高さの情報は見当たりませんでしたが、完成予想図を見ると商業施設部は4階まででその上が立体駐車場、ホテルは8階建て、タワーマンションは見えいる部分が30階なので38階前後といった感じかと思います。

▼建設通信新聞(2019年1月21日)
住・商・宿泊延べ10万/22年度以降着工へ準備組合/佃2丁目再開発

▼愛する月島を守る会
https://www.facebook.com/welovetsukishima/


佃2丁目地区の配置図
佃2丁目地区の配置図[[出展:建設通信新聞]

 対象区域は約1.8haで、商業施設部は延3万崢度、マンションとホテルは合わせて7万5000崢度、全て合わせると総延10万5000崢度の施設が想定されています。敷地南側には広場の設置も検討されています。

 今後は最短で19年度の都市計画決定、20年度の組合設立、21年度に権利変換手続き、22年度以降の着工を目指すとのことです。


佃2丁目地区の空撮
 2010年撮影でかなり古いですが佃のタワーマンション群の空撮です。この中で赤色を付けた部分が「佃2丁目地区」です。目の前の大きな道路の写真右端あたりが月島駅あたりで駅からも近い立地です。月島には大型の商業施設がないのでこの再開発が実現するとかなりのインパクトがありそうです。

佃のタワーマンション群
 これはさらに古い2009年に月島駅前のタワーマンション「ムーンアイドランドタワー」から見た「佃2丁目地区」方面です。オレンジと青のカラフルなタワーマンションがマイケル・グレイブスがデザインした「ファミール月島グランスイートタワー」(地上30階、高さ95.7m)で、その左隣と背後が「佃2丁目地区」の計画地となっています。

佃のタワーマンション群
 2011年に「パークシティ豊洲」から見た佃のタワーマンション群です。再開発計画が実現すると写真中央あたりに新たなタワーマンションが建つことになります。佃のタワーマンション群は自分が超高層撮影を始めるきっかけとなった場所で、タワーマンション建設に反対する方々がいてその気持もわかりますが、自分としてはタワーマンション群が広がるのは楽しみです。