豊洲ベイサイドクロス
 豊洲駅前で建設中の「豊洲ベイサイドクロス」(地上36階、高さ180m)です。晴海側から撮影しました。手前は「アーバンドック ららぽーと豊洲」でペデストリアンデッキで接続されます。

豊洲ベイサイドクロス
 近くから撮影。地下1階〜地上3階が商業施設、4階〜32階がオフィスフロア、33階〜36階が三井不動産グループ直営の約225室のホテルで2020年6月下旬のオープン予定となっています。

豊洲ベイサイドクロス
 豊洲駅前の交差点あたりから撮影。目視で数えた感じではあと数フロアで最上階といったところかと思います。

豊洲ベイサイドクロス
 「豊洲ベイサイドクロス」はタワーAからタワーCまであり、タワーAが地上36階、高さ180m、タワーCがこの白い低層の建物でエネルギーセンターなどが入ります。地上24階、高さ125mとなるタワーBはタワーCの手前で建設中です。

豊洲ベイサイドクロス
 そのタワーBの建設地です。

豊洲ベイサイドクロス
 個人的には割と好きなデザインです。

豊洲ベイサイドクロス
 「アーバンドック ららぽーと豊洲」と繋がるペデストリアンデッキ思われる工事も始まっていました。

豊洲ベイサイドクロス
 「豊洲ベイサイドクロス」から豊洲公園には橋が架けられ信号を渡ることなく公園に行けるようになります。

豊洲ベイサイドクロス
 最後はゆりかもめの車内から撮影した豊洲の超高層ビル群です。自分が初めて豊洲に行った約15年前はこの写真にある超高層ビルは「豊洲センタービル」(クリックすると15年前の写真)しかありませんでした。それが今はこの超高層ビル群。賑やかになりました。


■物件概要■
名称:豊洲ベイサイドクロス
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:約225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月竣工予定
ホテルオープン:2020年6月下旬予定
商業施設オープン:2020年度上期予定