パークタワー晴海
 晴海で建設中のタワーマンション「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)です。晴海運河に面しており隣のツインタワーマンション「ザ・パークハウス晴海タワーズ」(地上49階、最高高さ約170m)と並んでトリプルタワーのようになり迫力があります。

パークタワー晴海
 塔屋を含めて外観は外構以外は完成しているように見えました。

パークタワー晴海
 撮影したのは平成最後の大晦日の11時半頃。豊洲に来るときはいつも跳ね上がっている可動橋の「アーバンゲートブリッジ」が大晦日で船が休みだったためか下がっていました。この橋が下がっているのを見るのは2回目くらいの気がします。

パークタワー晴海
 それにしても水辺に建つ巨大なタワーマンション群は絵になりますね。何度見ても飽きない光景です。

パークタワー晴海
 手前の橋は遊歩道化する計画がある「晴海橋梁(旧晴海鉄道橋)」です。

パークタワー晴海
 ここからは「パークタワー晴海」の外構部です。

パークタワー晴海
 マンション本体に重機が近付く必要がなくなるとこういった外構や植栽の工事が始まります。つまり外構の工事が始まると最終段階といった感じです。

パークタワー晴海
 アーチ橋も建設中でした。

パークタワー晴海
 ディズニーランドで有名なオリエンタルランドが外構コンセプトのデザインを担当し、イマジネーションランドと称して5つのゾーンに分けられています。

パークタワー晴海
 そのためマンションの周囲はテーマパークに来たかのような空間となりそうです。

パークタワー晴海
 ちなみにイマジネーションランドは「くじらアイランドの伝説」で綴られており、公式HPを見るとちゃんとストーリーも出来上がっています。

パークタワー晴海
 敷地北側にはフットサルや1on1ができそうなバスケットコートが整備されていました。

パークタワー晴海
 そんな「パークタワー晴海」の周辺はどこまで公開空地となるんですかね?完成予想図などを見ている感じだと住民じゃなくても散歩くらいは出来そうな感じなので楽しみにしています。

パークタワー晴海
 12月15日にフジテレビの球体展望室から見た「パークタワー晴海」です。「ザ・パークハウス晴海タワーズ」と隙間なく並んで巨大な壁のように見えました。

パークタワー晴海
 少し広角で撮影。東京スカイツリーの下の方が「パークタワー晴海」によって隠れてしまいました。

パークタワー晴海 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。もうすぐ完成に見えますが公式HPでは竣工予定は2019年5月下旬で入居予定が9月下旬となっています。

■物件概要■
名称:パークタワー晴海
計画名:(仮称)中央区晴海二丁目計画
所在地:東京都中央区晴海二丁目104番、105番(地名地番)
用途:共同住宅、保育所、店舗
総戸数:1076戸(他に保育施設1区画、店舗1区画)
階数:地上48階、地下1階
高さ:169.99m(最高高さ178.49m)
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:19,161.72
建築面積:5,110.66
延床面積:120,797.93
建築主:三井不動産レジデンシャル
売主:三井不動産レジデンシャル、近鉄不動産、JX不動産、新日鉄興和不動産、住友商事
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2014年8月1日着工〜2019年5月下旬竣工予定
入居:2019年9月下旬予定


■宣伝■
135_1_上
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルから釜山の海雲台の超高層ビル群です。ビル群というかほぼタワーマンション群です。視界が良い日は対馬からも見えるらしいので一度は対馬チャレンジをしてみたいです。