(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
イメージパース[出典:東急不動産]

 渋谷駅の恵比寿側で計画されている「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。左が渋谷駅に近い側のA街区で地上39階、高さ179.97mで超高層オフィスビル、右が恵比寿側のB街区で地上29階、高さ133.00mのタワーマンションとなります。建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産が参画している再開発プロジェクトです。


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
配置計画図[出典:東急不動産]

 このようにJRの線路沿いの山手線外側が計画地でA〜C棟まで配置されます。渋谷駅や周辺の再開発ビルとはペデストリアンデッキで接続され広場や新しい道路も整備される大規模再開発となります。


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
計画地[出典:東急不動産]

 渋谷駅の周辺では「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)など大規模な再開発が続いていますが、今後はこの「渋谷駅桜丘口地区」の建設が始まり渋谷駅周辺の再開発はまだまだ止まることはありません。

 また「渋谷駅桜丘口地区」と「セルリアンタワー」の間は「ネクスト渋谷桜丘地区市街地再開発事業」として再開発が計画されおり、ネクスト渋谷桜丘地区再開発準備組合が東急不動産と「ネクスト渋谷桜丘地区市街地再開発事業 事業協力に関する協定書」を締結したことが発表されています。


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 そんな「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の計画地では道路廃止のお知らせが設置されています。この図のように1月7日より再開発区域内の道路は廃止されます。そのため週明けからは再開発区域内には入ることが出来なくなります。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 この封鎖により既存建物の解体が一気に始まりそうです。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 既存建物の解体が終わるまでそれなりの期間がかかるところが多いですが、ここは一気に解体工事が進みそうな気がします。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 区域内の既存建物には59まで番号振ってありました。これらの既存建物を見るなら今週末までがリミットです。もう稼働しているビルはないと思うのでいつもと違った廃墟感が漂う雰囲気が好きな人にはオススメかもしれません。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の現地の様子です。この道路より左側の建物が解体されます。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 この辺りのビルが解体されると今まで見えなかった景色が色々と見えるようになりそうです。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 一部では既に仮囲いが設置されていました。この道路より右側が再開発の区域となるので再開発が始まってもこの道路は通れます。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 道路に接している部分は少ないですがそこそこ大きなヤマハのビルです。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 そのヤマハのビルのところが朝礼会場になっているようです。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 廃止となる道路です。このあたりは渋谷とは思えない廃墟感漂う感じになっていました。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 中央の窓にテープが貼られているビルから向うが計画地となります。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 「渋谷ストリーム」や「渋谷スクランブルスクエア」が見えていますがこの辺りの解体が進むと見え方も変わってきそうです。


(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 いくつか解体工事のお知らせも設置されていましたが、解体工期は2020年7月31日までとなっていました。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 ただA街区とB街区の着工予定は2019年5月1日、C街区が2019年7月1日のためそれまでにはかなり解体工事は進んでいると思います。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
 この道路の右側が再開発地区です。この辺の道路もキレイに生まれ変わるんですかね。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ
 超高層オフィスビルとなるA街区の建築計画のお知らせです。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ
 タワーマンションとなるB街区の建築計画のお知らせです。

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 C街区 建築計画のお知らせ
 教会となるC街区の建築計画のお知らせです。計画地に元々教会があるので場所を変えての建て替えとなります。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町5-2,5-3,13-3,13-5 他
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルから釜山の海雲台のオフィスビルのようなタワーマンションです。3棟構成で最も高いので高さ300mあります。