渋谷スクランブルスクエア
 「キャロットタワー」から見た渋谷で建設中の「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)です。「東京スカイツリー」と並んで見えました。

渋谷スクランブルスクエア
 2018年最後のブログはどこにしようか迷ったのですが、日本で建設中の超高層ビルにおいて2018年で最も最高到達点が高いということで「渋谷スクランブルスクエア」を選びました。ここは最上部や屋上に展望台が設置されるため、2020年の東京五輪までに完成する超高層ビルの中で一番楽しみにしています。

渋谷スクランブルスクエア
 「恵比寿ガーデンプレイスタワー」からも撮影しました。手前の特徴的な外観のビルは「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)です。

渋谷スクランブルスクエア
 このように高さ180mのビルが手前にあってもしっかりと高層部が見えます。最上階の47階部分の鉄骨を組んでいるところでした。

渋谷スクランブルスクエア
 「六本木ヒルズ 森タワー」から見た「渋谷スクランブルスクエア」です。ここにできる展望台から逆に六本木ヒルズを見るとどのような感じなんでしょうね。完成が待ち遠しいです。

渋谷スクランブルスクエア
 ここからは現地で撮影した「渋谷スクランブルスクエア」です。

渋谷スクランブルスクエア
 目の前では「渋谷東口歩道橋の掛け替え工事」が行われており、再開発ビルだけではなく渋谷の街が新しく生まれ変わっている真っ最中です。

渋谷スクランブルスクエア
 これから再開発が始まる「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」(地上39階、高さ179.97m)の計画地越しに撮影。渋谷が超高層ビルの街に生まれ変わります。

渋谷スクランブルスクエア
 首都高越しに見てももう首都高はそれほど気になりません。

渋谷スクランブルスクエア
 道玄坂の東急百貨店前の交差点から撮影。個人的に「渋谷スクランブルスクエア」を見るのに好きなスポットです。

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷のスクランブル交差点から撮影。

渋谷スクランブルスクエア
 14階までが約3万屬両Χ隼楡漾△修両紊クリエイティブ・コンテンツ産業のイノベーションを促進する交流施設、さらに上がオフィスフロア、そして最上部には屋上にも出られる展望台が設置されます。

渋谷スクランブルスクエア
 こういった超高層ビルはちょっと離れた場所から見るのが格好いいですね。

渋谷スクランブルスクエア
 遠くから見た方が高さを実感できます。以上、今年最後のブログでした。2019年も当ブログをよろしくお願い致します!

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から釜山の超高層ビル群です。ビル群と言っても大部分が住宅です。真ん中の他よりちょっと小さいのがホテルだったと思います。