オークラ プレステージタワー
 「ホテルオークラ東京」の建替え「The Okura Tokyo(オークラ東京)」の「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ188.65m)です。建替え前の「ホテルオークラ東京本館」の面影は全くなくガラスカーテンウォールの近代的な外観となりましたが、内装は旧本館で使用していたものを移設、再現する箇所もあります。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 角地にあった「大倉集古館」では改修・増築工事中が行われています。また、左の建物はホテルのみが入る「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。急な傾斜地が建設地のためここから見ると17階建てには見えません。

オークラ プレステージタワー
 フロア構成は8階〜25階がオフィスフロア、27階がフィットネ&スパ、28階〜40階が368室の客室(37階はクラブラウンジ)、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場となります。

オークラ プレステージタワー
 このようにかなり急な傾斜地が建設地となっています。ここの坂は歩いて登るのも結構大変です。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 北側から見た様子です。左の「オークラ プレステージタワー」の客室からはどの方向でも絶景が楽しめそうです。

オークラ プレステージタワー
 「虎ノ門ヒルズ」の広場から撮影。

オークラ プレステージタワー
 近くでは2日前に載せた「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上37階、高さ179.95m)が建設中です。

The Okura Tokyo(オークラ東京) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月上旬


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中からソウルで撮影した超高層ビルです。ジャッキー・チェンに滑ってもらいたい外観のビルでした。