(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 完成時は高さ日本一のタワーマンション「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)です。目視だと8階の柱まで建設が進んだところでしょうか。ゆっくり高くなっていっています。

 完成時は高さ日本一のタワーマンションとなりますが、同じ森ビルが開発する「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」にて地上64階、高さ約263mと地上53階、高さ約233mのタワーマンションが建設されるた日本一の座はすぐに抜かれます。さらに地上65階、高さ約323mの超高層ビルも建設され、その高層部は住宅となるためそちらもタワーマンションとするならば1位から一気に日本4位の高さとなります。個人的には高層部だけ住宅は複合ビルでタワーマンションだとは思っていませんが…

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 反対側から撮影。背後の超高層ビルは「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)で37階〜46階が「虎ノ門ヒルズレジデンス」となっています。「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の最高部はそのレジデンス部よりも高くなるかと思います。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 建設地の隣の愛宕山から撮影。もうカメラに入り切らないので撮影スポットとしては役目は終わりそうです。「虎ノ門ヒルズ 森タワー」からレジデンシャルタワーを経由してこの愛宕山までペデストリアンデッキで接続される計画となっています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 愛宕山の下の方から撮影。この坂を降りて左の方に行くと階段で愛宕山を登ることもできます。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 完成予想図
完成予想図[出典:森ビル]

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から韓国で最も高い超高層ビル、ロッテワールドタワーです。地上123階、高さ555mです。ここはオフィス、ホテル、住宅が入っていますが、やっぱりこれをタワーマンションとは呼ばないですよね。タワーマンションの定義ってあるんですかね?