八重洲一丁目北地区
完成イメージ[出展:建設通信新聞]

 東京駅近くの「八重洲一丁目北地区」の概要が建設通信新聞に掲載されました。12月14日のブログで「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上49階、高さ約287m)を載せたときに、周辺では規模不明の複数の再開発計画があると書いてしまってちょっと失敗です(^^;)

 記事によると「八重洲一丁目北地区」は地上45階、地下5階、高さ235m、延べ約18万500屬竜模で、低層階に店舗、中層階にホテル、そして高層階がオフィスという計画になっています。また首都高がある北側には地上2階、地下1階、延べ約1000屬了楡澆汎本側沿いに広場の整備も計画されています。2023年度から解体、2030年度の竣工が想定されてます。事業協力者は東京建物と大成建設、コンサルタントとして日本設計が参画しているとのことです。

▼建設通信新聞:2018年12月14日
1丁目中に組合設立認可/2事業は来秋都市計画決定/日本橋で複数の再開発

八重洲一丁目北地区
 3年前の空撮ですが「八重洲一丁目北地区」に赤色を付けてみました。右後ろは高さ390mと高さ212mの超高層ビルが建設される「東京駅前常盤橋プロジェクト」の建設地です。現時点でもかなりの超高層ビル密度ですが同再開発によってさらに超高層ビル密度は高くなり、日本橋の超高層ビル群と繋がり凄いことになりそです。

新呉服橋ビル
 「八重洲一丁目北地区」の計画地に建っている「新呉服橋ビル」(地上21階、高さ112.48m)です。1977年竣工で築40年以上のため建替え話しが出るのも納得です。

八重洲一丁目北地区
 「新呉服橋ビル」の左側が首都高側で低層のビルが建設されます。右側のTKPの文字があるビルにかけて地上45階、高さ235mの超高層ビルの建設地となります。

八重洲一丁目北地区

八重洲一丁目北地区

日本橋西河岸地蔵寺
 計画地内には「日本橋西河岸地蔵寺」があります。

八重洲一丁目北地区
 首都高越しに見た「八重洲一丁目北地区」の建設地方面です。首都高の地下化が行われればこういった景色も大きく変わりそうです。

■物件概要■
計画名:八重洲一丁目北地区
所在地:東京都中央区八重洲1丁目1、2
用途:事務所、ホテル、店舗
階数:地上45階、地下5階
高さ:235m
敷地面積:約1.6ha
延床面積:18万500
建築主:八重洲一丁目北地区再開発準備組合
事業協力者:東京建物、大成建設
コンサルタント:日本設計
工期:2023年度解体着手〜2030年度竣工予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中からインチョンの青羅国際新都市のタワーマンション群です。それほど高さはありませんがかなりの棟数が建っていました。