高輪ゲートウェイ駅
駅舎内イメージ図[出展:東日本旅客鉄道]

 本日、JR東日本より田町-品川間の新駅の駅名が「高輪ゲートウェイ」駅に決定したと発表されました。選定理由は以下の通りです。

 『この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。
 新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う国際交流拠点の形成を目指しており、新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、今後も交流拠点としての機能を担うことになります。
 新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、街全体の発展に寄与するよう選定しました。』

▼東日本旅客鉄道:プレスリリース(2018年12月4日)
田町〜品川駅間の新駅の駅名決定について


高輪ゲートウェイ駅
街区側外観イメージ図[出展:東日本旅客鉄道]

 駅名は公募され64,052件の応募があり「高輪ゲートウェイ」は36件の応募で130位だったそうです。1位は「高輪」(8398件)、2位は芝浦(4265件)、3位は「芝浜」(3497件)ということでしたが、一般市民の意見は無視して36件しかなかった「高輪ゲートウェイ」に決定しています。

 正直、こういった決め方をするなら公募する必要はなかったような…、何か大人の事情で最初から決まっていて関係者の知り合いあたりが応募したのでは?と勘ぐってしまいます。この名称には正直駅名としては違和感しかありませんが、まぁ、きっとそのうち慣れて何も思わなくなることでしょう。個人的には「高輪」か「泉岳寺」で良かったと思っています。


高輪ゲートウェイ駅
 先月、車内から撮影した建設中の「高輪ゲートウェイ」駅です。最初に載せたイメージ図を見たら何となくわかると思いますが隈研吾氏がデザインしています。

高輪ゲートウェイ駅
 今は駅のみ建設中ですが2019年度から駅周辺の再開発も始まります。

高輪ゲートウェイ駅
 駅の開業は2020年春の予定で山手線と京浜東北線の駅となります。

品川駅北周辺地区 イメージパース
品川駅北周辺地区 イメージパース[出典:内閣府]

 駅周辺の再開発後の完成予想図です。オフィス、住宅、ホテル、商業施設など2024年度に完成予定となっています。

1街区:地上45階、地下3階、高さ約173m、延べ149,000屐⊇斬陝教育施設等
2街区:地上6階、地下4階、高さ約45m、延べ31,000屐∧顕汁和せ楡濺
3街区:地上31階、地下5階、高さ約167m、延べ211,000屐業務、商業等
4街区:地上30階、地下3階、高さ約164m、延べ460,000屐業務、ホテル、商業等

▼参考:当ブログ記事:2018年9月22日
都市再生特別地区(品川駅北周辺地区)都市計画(素案)が公開されました!