横浜市新市庁舎
 「桜木町」駅近くで建設中の「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)です。「横浜ランドマークタワー」から撮影しました。みなとみらい線「馬車道」駅には直結となります。

横浜市新市庁舎
 高層部にズームです。最近はこのように3フロアをずつ鉄骨を組むところが多くなってきたような気がします。

横浜市新市庁舎
 低層部です。低層棟部には商業施設やアトリウムが整備されます。

横浜市新市庁舎
 目の前の大きな道路の下がみなとみらい線「馬車道」駅ですが、右側に見えるJR「桜木町」駅もすぐ近くです。また地下には横浜市営地下鉄(ブルーライン)の「桜木町」駅もあります。東急東横線の「桜木町」駅はみなとみらい線の開通により廃止になっています。

横浜市新市庁舎
 「横浜ランドマークタワー」と桜木町駅を結ぶペデストリアンデッキから見た「横浜市新市庁舎」です。背後のビルは「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)です。

横浜市新市庁舎
 低層棟部は思ってた以上に存在感がありそうです。

横浜市新市庁舎
 近くから見上げてみました。

横浜市新市庁舎
 同方向を少し離れて撮影。左は建設中の「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)です。

横浜市新市庁舎
 「横浜ランドマークタワー」「横浜市新市庁舎」「ザ・タワー 横浜北仲」が並んで見える場所からは巨大な壁が出来つつありました。

■物件概要■
名称:横浜市庁舎
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10他
用途:事務所、集会所、飲食店舗、物販店舗、駐車場
階数:地上32階、塔屋2階、地下2階
高さ:155.4m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:13,142.92
建築面積:7,938.12
延床面積:142,621.57
建築主:横浜市総務局長
設計者:竹中工務店
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年8月1日着工〜2020年5月29日竣工予定
開業:2020年6月末供用開始予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 昨日の判決もあり韓国本の宣伝はしにくいのですが…超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から釜山のトランプワールドです。あのトランプ大統領のトランプです。