平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
完成イメージパース[出典:東京都]

 昨日、2018年11月14日に「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」について、東京都より「平井五丁目駅前地区市街地再開発組合」の設立が認可されました。参加組合員として野村不動産が参画しており野村不動産からもプレスリリースが出ています。

 「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」はJR「平井」駅北口駅前広場に面した場所に位置しており、地上31階、地下1階、高さ約110m、延べ約44,100屐¬370戸のタワーマンションとなります。今後は2019年11月の権利変換計画認可、2020年4月の着工、2023年8月の竣工を予定しています。

▼東京都:報道発表資料(2018年11月13日)
平井五丁目駅前地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼野村不動産:プレスリリース(2018年11月14日)
「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」市街地再開発組合設立認可のお知らせ


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 このように1階、2階は店舗フロアとなり、3階の一部が保育所となります。マンション部は3階〜31階となります。


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 正方形ではない区画全体が再開発区域となっており、尖った部分には広場が整備されます。店舗フロアのメインは平井駅に近い側となります。


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 建設地はこのように広場を挟んだ駅前となります。平井は江戸川区ですが荒川と旧中川に囲まれた場所で荒川より都心側に位置しています。


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 ちょっと古いですが2012年2月の平井駅周辺の空撮です。赤色を付けた場所が「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上31階、高さ約110m)の建設予定地です。平井駅の右側に見えるタワーマンションは「ビューネタワー平井」(地上21階、高さ70.8m)で駅の両側にタワーマンションが建つことになります。

■物件概要■
事業名:平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都江戸川区平井五丁目17,18,19 番
用途:住宅・店舗・保育所・駐車場等
目標戸数:約370戸
階数:地上31階、地下1階
高さ:約110m
区域面積:約0.7ha
建築面積:約2,100
延床面積:約44,100
事業者:平井五丁目駅前地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
事業協力者:前田建設工業
工期:2020年4月着工〜2023年8月竣工予定
総事業費:約198億円


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルからインチョンのタワーマンション群です。公園が整備され道路も広く新しい街といった感じでした。