浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 本日、2018年11月9日に「浜松町二丁目地区市街地再開発組合」が東京都より設立認可されることが発表されました。浜松町駅前の再開発の一つで「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」として地上47階、高さ約190mの複合ビルが建設されます。2020年1月着工、2026年3月の竣工予定で総事業費は約515億円となります。


浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 このように低層部に公益施設や事務所が入り、中高層部が住宅となります。この公益施設とは港区による「(仮称)文化芸術ホール」のことで600席程度の大ホールや100席程度の小ホールなどで構成される計画となっています。また、以前の情報だと住宅部は約400戸が計画されています。


浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 配置図を見ると周辺にB棟、A-2棟、A-3棟と書かれた部分がありますが、B棟は「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)、A-3棟は建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)のことです。


浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 このように「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」は「浜松町駅西口地区地区計画(誼篭)」の一部で地区内では南西角に位置しています。A街区と文字がある部分は「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)で高さ200mの超高層ビルへ建替えが計画されています。


浜松町
 東京タワーから見た浜松町駅方面です。左の板状の超高層ビルが「日本生命浜松町クレアタワー」でその右側が「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 背後の緑地は旧芝離宮恩賜庭園ですが、そちら側には「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」が建設中のため景色は都心方面がメインとなります。


浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 数年前に世界貿易センタービルから見た「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。木で囲まれた部分が港区の区有地で、手前の吹き抜けがある建物が都交通局大門庁舎です。

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 そしてこちらが1ヶ月前の「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。港区区有地部分の建物が解体され更地になっていました。

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 地上に降りて「日本生命浜松町クレアタワー」から見た計画地方面です。将来的にはこのままデッキで繋がるものと思われます。

世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
外観イメージ[出典:JR東日本]

 これは浜松町駅前の再開発の外観イメージですが、「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」は左側にきちんと描かれています。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:住宅、事務所、公益施設、店舗等
総戸数:約400戸
階数:地上47階、地下3階
高さ:約190m
地区面積:約0.7ha
延床面積:約74,170
工期:2020年1月着工〜2026年3月の竣工予定
総事業費:約515億円


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルからソウルのタワーマンションです。右側にもう1棟ありました。