虎ノ門ヒルズ
 「東京タワー」のトップデッキ(旧特別展望台)から見た「虎ノ門ヒルズ」です。先に建設された「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)を中心に「虎ノ門ヒルズ」を構成する超高層ビルとタワーマンションが建設中です。将来的には森タワーも含めて高さ150mを超す超高層が4棟建ち並びます。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 その中で高さ日本一となるタワーマンション「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)です。「パークコート虎ノ門愛宕タワー」(地上30階、高さ98.4m)の背後に少しだけ見えるようになっていました。右側の緑地は愛宕山でレジデンシャルタワーからペデストリアンデッキで接続される計画となっています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 そんな愛宕山から見た「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」です。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 撮影するには近過ぎるのでそのうちこうして離れた場所から撮ることになりそうです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 虎ノ門ヒルズの敷地内から撮影。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 フロア構成は1階〜3階は約1000屬両Χ隼楡澆伐餔制「ヒルズスパ」、2階に子育て支援施設、4階〜11階がサービスアパートメント、そして12階〜54階がグローバルレベルのレジデンス約550戸となります。住宅部は分譲と賃貸があり家賃100万以上、分譲価格10億円以上の部屋が相当数想定しているようです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 隣の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」とはペデストリアンデッキで接続されるようになります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 完成予想図
完成予想図[出典:森ビル]

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販でも購入できるのでよろしくお願いします。そんな中から1枚。インチョンで建設中だったタワーマンション群です。きっと今はもう完成していると思います。